ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは

ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは

旬のブリは脂が乗って大変美味しいですが、独特の臭みがありますよね。特にブリ大根を作ったときに、臭みが取れずに失敗してしまった経験もあるのではないでしょうか。そこで今回は、ブリ大根の臭を消す下処理方法についてご紹介いたします。

 

色々な下処理

ブリは、ブリ大根以外にも様々な料理に使われます。そのため、様々な下処理の方法があり、料理ごとに適切な下処理をする事が大切です。

 

ブリの代表的な下処理の方法としては、ふり塩、霜降り、お酒や牛乳に漬ける等があります。

 

ブリ大根の臭みけし

ブリ大根は、ブリ料理の中でも臭みが出やすい料理です。そのため、下処理をして臭みを抜く作業はとても大切です。

 

ブリ大根の臭みけしに欠かせない下処理は、霜降りです。霜降りとは、熱湯にブリの身をさっと通し、ブリの臭みを取る方法です。

 

霜降りをすることによって、お湯の中にブリの臭みが溶け出すので、ブリを煮たときに、ブリ大根の煮汁が臭くなるのを防いでくれます。

 

霜降りをした後に、冷水でブリの表面をよく洗い流すことも重要です。

 

ブリ大根は、ブリのあらを使うこと多いため、きちんと下処理をすることが、臭みの無い美味しいブリ大根を作るためには欠かせない作業です。

 

いかがでしたでしょうか。ちょっとしたポイントに気を付けて作ると、美味しいブリ大根がつくれます。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム