大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ

大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ

ブリ大根を作る時、決め手は大根の味わいと柔らかさです。

 

ブリ大根の主役は、当然ながらブリではありますが、大根がどれだけ美味しくでき上がっているかも重要です。

 

今回、ここでは大根が固くなってしまう、という悩みを抱えている方のために、大根を柔らかく煮る方法を紹介します。

 

面取りをしよう

大根が柔らかくならない、ということのひとつの原因に面取りがあります。

 

大根の皮を剥いた後、多くの方はそのまま鍋に入れて煮立たせてしまうと思います。

 

実は、大根の切り口の側面部分の角を丸みがでるように削いでいくことで、煮汁が染み込みやすく、さらには柔らかな食感になっていくのです。

 

また、煮汁をしっかりと染み込ませたい場合は、十字に切り込みを入れておくとしっかりと良い味わいに染み込むのでおすすめです。

 

下茹でしておく

大根を柔らかくしようとすると、ただただ長い時間煮込めば良い、という発想になりがちです。

 

しかし、ブリと一緒に大根を長時間煮込んでしまうと、ブリが固くなってしまい美味しくありません。

 

米のとぎ汁など、先に面取りをした大根から下茹でしておくだけで、かなり柔らかくブリとのバランスが良く煮詰めることができます。

 

面倒な一手間ではありますが、これをするかしないかでブリ大根の味わいが変わるので、ぜひ覚えておきましょう。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム