ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?

ブリを使った家庭での定番のメニューの一つとしてブリ大根があります。

 

寒い冬にはピッタリの料理ですが、いざ作るとなると、中まで味が染みていなかったりブリがパサパサになってしまったということはありませんか?

 

今回は、ブリ大根を美味しく作るコツをご紹介します。

 

パサパサになってしまう原因

パサパサになってしまう原因として、ブリを煮すぎてしまっていることが考えられます。

 

ブリ大根に限らず、長時間煮込んでしまうと、ブリの水分やうま味が外に全てぬけてしまってパサパサになってしまいます。

 

そのためブリに火が通ったら直ぐに火を止めましょう。

 

反対に、大根を軟らかく煮るには、ある程度の時間が必要です。

 

そのために、大根だけを先に茹でておき、柔らかくなった状態で、ブリと一緒に煮てブリ大根を作りましょう。

 

味を中まで染み込ませるためには?

味が中までしみない原因として考えられるのは、まずは醤油を先に入れて煮てしまっているのではないかと言うことです。

 

醤油の塩分が、ブリや大根の身を引き締めてしまうため、身が固くなり、中まで味が染みにくくなってしまいます。

 

そのため、醤油は後から入れるようにしましょう。

関連ページ

ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム