魚介類の保存・鮮度維持

魚介類の保存・鮮度維持

魚の正しい冷凍保存方法

魚が安い時にたくさん買っておき、冷凍保存しておく…というのは家計を助ける一つの知恵です。でももしも間違った方法で冷凍すると鮮度が落ちてしまい美味しさが半減するかもしれません。魚の正しい冷凍保存方法魚を冷凍保存する場合、抑えておいて欲しいポイントは以下の点です。トレーのまま冷凍しない魚のトレーごと冷凍...

≫続きを読む

魚の冷凍保存が可能な期間:腐るまでどのくらい?

新鮮な魚を大量に入手したときなどは、食べきれない分は冷凍保存しておくのが一番です。新鮮なうちに冷凍することで、魚の劣化や細菌増殖を抑えることができます。しかしながら、魚は半永久に保存できるわけではありません。美味しく食べるために、冷凍保存が可能な期間があります。冷凍魚の賞味期限まず大体の家庭用の冷蔵...

≫続きを読む

焼き魚は冷蔵庫保存で何日日持ちする?

焼き魚が余ってしまった場合、冷蔵庫保存すると思います。1度火を通したわけですから、生魚よりは日持ちすることは確実ですが、だからといって何日も放置していいわけではありません。今回は焼き魚の日持ちというテーマでお話しています。。最低でも3日以内には食べよう焼き魚は雑菌の繁殖を促す水分がある程度抜けている...

≫続きを読む

焼き魚は冷凍保存でどれくらいの期間もつ?

焼き魚1度に多めに作っておき冷凍保存しておくと、調理の手間が省けます。しかし冷凍しても永遠に保存できるわけではありません。焼き魚の冷凍保存はどれくらいの期間もつのでしょうか。焼き魚を冷凍保存できる期間は焼き魚の冷凍保存の場合は1ヶ月程度は日持ちするでしょう。味が落ちても良いなら2ヶ月でも大丈夫なこと...

≫続きを読む

焼き魚は翌日までなら常温保存で大丈夫?

余ってしまった焼き魚。ラップをかけて冷蔵庫にしまうのを忘れてしまっていたこと結構あります。しかしいくら翌日食べるといっても、生ものを常温保存で1日置いたものを食べてしまって大丈夫なのでしょうか。焼き魚は翌日までなら常温保存でもOKあくまで個人の経験上ですが、加熱することで雑菌は一度死んでいるので、翌...

≫続きを読む

魚の燻製の保存方法や保存期間

食材は水分が多いと雑菌が繁殖します。ですから先に塩漬けで水分を抜いておき、燻してさらに水分を飛ばした燻製の魚は、かなり保存性が高いです。逆にいえば保存期間はどれほど水分を飛ばしたかに左右されます。中途半端なら1週間程度で劣化が始まりますが、中までしっかり燻して水分を完全に飛ばした場合は数年単位で保ち...

≫続きを読む

魚は酢締めにすると長期保存可能

魚の酢締めは昔、海沿いで獲れた魚を内陸部に運ぶために編み出された保存法です。普通の生魚よりも長く保存することが可能です。酢締めの保存性が高いのは、塩で雑菌の繁殖のもとである水分を抜き、殺菌効果のある酢で漬けているからです。腐敗の原因は雑菌ですから、その雑菌を絶てば当然魚も傷みくくなります。とはいえ干...

≫続きを読む

魚の干物の冷凍保存方法

魚の干物は冷凍保存するとかなり長持ちしますが、間違った方法で保存するとパサついて美味しくなくなってしまいます。そこで今回は魚の干物の正しい冷凍保存方法についてお話しています。魚の干物の乾燥を防ぐために干物は冷凍している間でも、じわじわと水分が蒸発してしていきます。乾燥した干物は硬いしパサつくしで美味...

≫続きを読む

干物の日持ちについて

魚の干物は作った日付だけ書いてあって、賞味期限や消費期限を書いてないものがあります。また自分で作ったは良いけど日持ちがよくわからなないという方もいるかと思います。魚の干物というのはどの程度日持ちするのでしょうか。冷蔵庫で4日程度日持ち干物を冷蔵保存した場合3~4日程度を賞味期限と思ってください。いく...

≫続きを読む

煮付けた魚の日持ちについて

煮付けた魚はどれくらい日持ちするのか。ということですが、美味しいうちに安全に、という前提ならば、冷蔵保存・・・2~3日程度冷凍保存…1ヶ月程度せいぜいこんなところでしょう。冷凍だと長持ちですが、あまり長すぎると身がパサついて美味しくなくなるので早めに食べるに超したことはありません。パサつきに関しては...

≫続きを読む

魚の缶詰は開封後どれくらい日持ちする?

魚の缶詰を開けたはいいけど、食べきれなくて保存することもあると思います。缶詰は年単位で保存可能な保存食ですが、それはあくまで開封前の話。開けた後の日持ちは普通の生ものと同じですので、早めに食べなければなりません。開けた魚の缶詰の日持ちは長くて3日日本缶詰協会は封を開けてからの保存日数を2~3日程度と...

≫続きを読む

魚の鮮度維持方法

魚は鮮度が命です。鮮度が落ちた魚は味も食感も劣化し、下手すればお腹を壊します。そこで今回は魚の鮮度をできるだけ長く維持する方法を紹介したいと思います。魚の鮮度維持方法釣った魚の鮮度を出来るだけ長く維持する、最も基本的な方法です。血抜き魚の生臭さの原因になる血を抜くことで鮮度を保つ方法です。特別な道具...

≫続きを読む

魚の鮮度低下と時間の関係:死後硬直から腐敗まで

魚は水分が多く、雑菌が繁殖しやすい食材なので、鮮度には常に気を配る必要があります。特に時間経過と鮮度低下の関係については把握しておいた方がいいでしょう。魚の死後硬直までの時間魚は絶命後、死後硬直していきます。直売所では死後硬直したものを「活き」として売っていて、魚の身がプリプリしているのはこの状態の...

≫続きを読む

魚の鮮度を保つ保存方法:日持ち性を重視!

美味しい魚を楽しみたいのなら鮮度が高いうちに食すことが大切です。ただどうしてもすぐには食べられないこともありますよね。そんな場合の為に、魚の鮮度を出来るだけ高く保つ、日持ち性重視の保存方法を紹介します。保存前の下処理内臓をとる魚はまず内臓から先に腐っていき、それが広がり身の腐敗が始まります。その為先...

≫続きを読む

魚の鮮度を数値化した K 値について

魚の鮮度というのは見た目や味、臭いなど感覚的なもので判断するのが普通です。しかしそれを生化学的に表した「K値」と呼ばれている指標があります。K値というのはどんな計算で出されてどんな値ならどういう意味を持つのでしょうか?K値とは魚の新鮮度合いを数値で表したものです。「%」で表し、低いほど鮮度が良く、高...

≫続きを読む

魚の生臭さにはどんな理由がある?

生臭い魚はどうしても食欲が失せてしまいますよね。しかしこの生臭さ発生の理屈を知っておけば対策を打つことができます。生臭さの原因成分魚の生臭さはトリメチルアミンという物質が原因です。このトリメチルアミンは魚の旨み成分トリメチルアミンオキサイドが雑菌で分解されることで発生します。魚の死後硬直が溶けてくる...

≫続きを読む


ホーム