調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法

調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法

魚でありながらも、ジューシーな旨味をしっかりと味わえるのがブリの醍醐味。

 

さらに、味わいが濃い魚でありながらも、タレなどとの相性が良く、「ブリの照り焼き」はその中でも大変人気のあるメニューのひとつです。

 

今回、そんなブリの照り焼きをより美味しくするための前日の下処理方法を紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

 

塩漬けと熱湯での湯通し

ブリの下処理は、まずウロコを取るところからですが、こちらはスーパーの鮮魚売り場で無料でしてくれることが多いので頼んでみましょう。

 

ご家庭でする下処理としては、塩をまずまぶしてキッチンペーパーで包み、1日寝かせる工程が大切です。

 

塩の効果で臭みを伴った水が出てくるため、出来上がりの生臭さを抑えることができます。

 

プロの場合、2日寝かすこともありますが、ご家庭では1日程度で良いでしょう。

 

そして、熱湯を軽くかけて湯通しすることで、よりスッキリとした味わいに処理されます。

 

タレを染み込ませなくても良い

タレを漬込むパターンもありますが、上手にタレのついた照り焼きを焼く場合は、

 

塩をかるく振っておき、火が通り始めたら刷毛で塗るという方法を取ってください。

 

こうすることで、身が硬くなり過ぎず、タレもほど良く熱が通るのでパサつかずに済みます。

 

ちょっとした下処理ですが、これをするとしないで出来上がりが大きく変化するので覚えておきましょう。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム