ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?

ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?

ブリを美味しく楽しむためには、しっかりとした下ごしらえが必要だといわれています。

 

臭みを取っておくとか、湯通しをするなど、ブリは足が比較的早い魚であるが故に下ごしらえができた料理の味わいを左右します。

 

今回、ブリの照り焼きや塩焼きを作る場合、うろこは落とすべきなのかを紹介してきます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

処理されているかを確認する

ブリをまるまる1匹購入するのではなく、切り身を購入される方は少なくはないと思います。

 

各種スーパーマーケットなどで、さまざまな状態で売られているブリですが、まずは鱗が取られているか確認をしてください。

 

仮に、全て処理がなされている場合、気がつかずに鱗を取る作業をしてしまうと、身に傷がつくので注意が必要です。

 

一旦、購入する際に売り場のスタッフに問い合わせてみると良いでしょう。

ウロコはとるべき

もし、ウロコがとれていなかった場合、口当たりが悪くなるために取った方が良いでしょう。

 

熱湯をくぐらした後に、包丁や手で取ることが可能です。また、水にさらしながら、野菜の皮を剥くピーラーを活用することも可能です。

 

水の中でウロコを落とすと飛び散らず、片付けも手軽に済むので便利です。

 

また、魚屋のスタッフに頼むと、ウロコを落としてくれることが多いので、ぜひ声をかけてみてください。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム