下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント

下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント

平日は忙しくて買い物に行けないため、休みの日にまとめて買って冷凍保存している方も多いともいます。

 

ブリは上手に冷凍すれば、おいしさを保ちながら、便利に使うことができます。

 

そこで今回は、ブリの冷凍保存のポイントを、ご紹介させていただきます。

 

ブリの冷凍保存方法

ブリは比較的身がしっかりしているので、冷凍保存するのに向いている魚でもあります。

 

そのまま冷凍しても良いのですが、下味をつけてから冷凍することで、旨味が逃げず、味が染み込みやすくなるというメリットがあります。

 

さらに、下味をつけておけば調理も簡単になるので、ぜひ下味をつけた状態で保存する事をお勧めします。

 

下味の漬け方

おススメなのは、ブリ料理の定番である照り焼き、のタレで下味をつける方法です。

 

まずは、ふり塩をして、余分な水分と臭みを抜きます。そうしたら、醤油、酒、みりん、砂糖を混ぜ合わせたたれを作ります。

 

ブリの保存容器にブリと一緒にたれを入れて、冷凍すれば出来上がりです。

 

できれば容器は、ジッパー付きのビニール袋を使用してください。

 

余分な空気が抜けて、なおかつタレが全体に浸った状態で冷凍できるのでより美味しく冷凍保存できます。

 

使うときは自然解凍して、そのまま焼くだけです。

 

いかがでしたでしょうか。下味をつけてから保存することで、より美味しく便利に保存できます。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム