ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう

ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう

旬のブリは脂が乗って大変美味しい魚ですよね。全国各地で食べられ、養殖も盛んなことから、食卓でもよく見かける魚の一つでしょう。

 

ですが、ブリは独特のにおいが気になるという人もいると思います。そこで今回はブリの臭みとりについてご紹介いたします。

 

ブリの臭みとりの方法

ブリは独特のにおいがありますが、きちんとした方法で処理すれば臭みを抑えることができます。

 

まずおすすめなのは、全体的に塩をふり、15分ほど置いておくことです。

 

余分な水分と一緒に臭みも抜けて、旨味も凝縮します。塩焼きや、西京漬けなどを作るときに向いています。

 

有名な臭み抜きの方法として、霜降りがあります。霜降りとは、魚の身を熱湯にさっと通して、表面の呼ぶんな脂や水を洗い流し、臭みをとる方法です。

 

ブリ大根や煮つけなど、煮る料理をする時に向いている方法です。

 

上記の塩振りをした後に霜降りにすると、より一層効果的です。

 

他に臭みとりの方法として、酒や牛乳につけるという方法もあります。

 

お酒に含まれるアルコールが、臭いのもととなる物質を蒸発させてくれたり、牛乳に含まれるたんぱく質が、

 

臭みのもとを凝固して取り除いてくれる効果があります。蒸し物を作るときや、照り焼きを作るときに向いている下処理方法です。

 

いかがでしたでしょうか。色々な臭みとりの方法があるので、料理によって使い分けると良いでしょう。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム