ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?

ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?

ブリの照り焼きは家庭料理の定番のメニューなので家でよく作る方も多いと思います。

 

ですが、作ったときに、パサパサしてしまったということはありませんか?

 

そこで今回は、ブリの照り焼きがパサパサしてしまう原因と解決策をご紹介します。

 

パサパサしてしまう原因①焼きすぎ

ブリの照り焼きがパサパサしてしまう原因として、焼きすぎていることが挙げられます。ブリの切り身は比較的厚いため、よく火を通そうとして焼きすぎてしまうことが良くあります。普段より少し焼き時間を短くすると、パサつかずに美味しい照り焼きが作れます。

 

パサパサしてしまう原因②ブリに脂が乗っていない

ブリは、夏場は産卵のために痩せてしまい、脂が落ちます。ブリ自体に脂が乗っていないため、焼くとパさパしてしまうのです。養殖物はそれほどでもありませんが、天然物のブリは夏場は食べない方が良いでしょう。

 

どうしても食べたい場合は、腹身の部分を使うと美味しく出来ます。一般的にブリの照り焼きは背身の部分を使いますが、背身は脂が少なくパサつきやすいので、脂が多い腹身を使うことでパサつきを防ぐことができます。

 

 

いかがでしたでしょうか。ブリ自体に脂が乗っていないとどうしようもないですが、上手に料理すれば、しっとりとした美味しいブリの照り焼きが作れます。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム