ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?

ブリ大根とはどんな料理?使う具材は?美味しく作るコツは?

ブリは、冬が旬の魚ですので、ブリの料理もアツアツの物が食べたくなることが多いと思います。その中でも、旬のブリを使ったブリ大根は寒い冬にピッタリの料理です。今回は、そんなブリ大根について、詳しく解説いたします。

 

ブリ大根とは

ブリ大根とは、ブリのあらと大根を、醤油、砂糖、だし汁等で煮た料理の事です。醤油の代わりに味噌を使ったり、醤油と味噌の両方で味付けされる場合もあるようです。もともとは富山の郷土料理ですが、今では全国で食べられています。

 

ブリ大根に使う具材

ブリ大根に使われる具材は、ブリと大根です。人によってはショウガを加えたりもします。ブリ大根に使われるブリは、元々はあらが使われていましたが、最近では切り身を使うブリ大根も多いです。

 

ブリ大根を美味しく作るコツ

ブリ大根を美味しく作るコツは、まずはブリの臭みを取ることが重要です。熱湯で湯通しする、霜降りをして臭みを取ります。

 

また、ブリのうま味を大根に十分に吸わせるために、先に大根だけを下茹でしておきます。下茹ですることにより、ブリの旨味を吸いやすくなります。また、大根を軟らかく仕上げる効果もあります。

関連ページ

ブリ大根失敗!味が染みずパサパサ・・・原因や解決策は?
ブリの臭みの取りには酒・熱湯・塩・牛乳などを利用しよう
ブリの照り焼きがパサパサしてしまう・・・原因や解決策は?
ブリの照り焼きに生姜を使うメリット
ブリの照り焼き作ったけど味が染みてない・・・原因や解決策は?
ブリの大根の煮時間の目安は?
ブリ大根、ブリ以外で代用できる魚は?
ブリ大根で落し蓋なしの場合、代わりになるものは?
ブリ大根の煮汁の再利用方法
ブリ大根の臭み消しに欠かせない下処理とは
ブリ大根の調理時間ってどれくらい?時短で作るには?
ブリ大根は一晩寝かせたほうが美味しくなる?
ブリ大根はお酒がない場合でも美味しく作れる?
ブリ大根を作ったら鍋が臭くなった!臭いを消すには?
大根が固い!柔らかブリ大根を作るコツ
調理前日に!ブリの照り焼きを美味しくする下処理方法
ブリしゃぶの具材やダシは何使う?
ブリの照り焼きや塩焼きを作るときはうろこをとるべき?
ブリの照り焼きを焼く前に小麦粉や片栗粉をまぶすメリット
下味をつけてから?ブリの冷凍保存のポイント
ブリの照り焼きや塩焼きの日持ち
ブリ大根の冷凍保存と解凍方法
ブリ大根は冷蔵・冷凍保存それぞれどれくらい日持ちするか

ホーム