うなぎと梅干しの組み合わせはNGって本当?嘘?

うなぎと梅干しの組み合わせはNGって本当?嘘?

「うなぎと梅干しは食べ合わせが良くない」と言うお話を耳にしたことはありませんか?このお話、実際のところはどうなのでしょう。

 

医学的根拠は無い

農林水産省が発行している広報誌『aff(あふ)」』の2016年7月号に掲載されたうなぎの特集記事に、うなぎと食べ合わせが良くない食べ物の記事があります。

 

参考文献:2016年7月号・うなぎの特集記事/農林水産省

 

この記事では、うなぎと梅干しは食べ合わせが良くないと言われるものの、医学的な根拠は無いという事が明記されています。

 

食の安全も関連業務のひとつとする農林水産省が発行している広報誌の記事ということもあり、信頼するに足る情報だと思います。

 

ただ、なぜ食べ合わせが悪いなどと言われるようになったのか。調べたところこれには以下の2つの説が考えられているようです。

 

◆戒め説・・・梅干しを食べると胃酸が分泌されて食欲が増進するので、うなぎをたくさん食べてしまわないよう、贅沢や過食を戒めるために言い伝えられたという説。

 

◆取り違え説・・・江戸時代の本草学者であり儒学者でもあった貝原益軒(かいばらえきけん。1630~1714年[寛永7年~正徳4年])が記した、健康保持の観点から日常生活の心得を説いた書物『養生訓』(ようじょうくん)に、うなぎと銀杏との食べ合わせが良くないとの記述があり、いつの間にか銀杏と梅干がと取り違えられるようになったという説。

 

うーん。いまひとつピンと来ないところがありますね。やはりどのみち大して気にする必要もないのでは、と思ってしまいます。

 

どちらも体力すり減る夏を乗り切るのにはうってつけの食材なので、併せて食べるのはむしろ健康に良いことだと思っています。


ホーム