うな重の食べ方のマナー

うな重の食べ方のマナー

昨今の価格上昇の影響もあって、うなぎ屋の暖簾をくぐるのも、なかなか躊躇われてしまうところ。幸いにも訪れる機会に恵まれたときに、あらかじめ知っておくべき、うなぎ特有の食べ方のマナーはあるのでしょうか。

 

うなぎ特有の食べ方のマナーは無い

特にうなぎだから特別注意しなければいけないテーブルマナーというものはありません。うなぎ屋で食事をする場合でも、普段外食する時と同じように最低限のマナーをおさえて振る舞えばそれで十分です。

 

ただあえて何かアドバイスするのなら、うな重を食べる場合、お重やお椀の扱い方について知っておけば、よりスマートに見えると思います。

◆お重の扱い方

  • 蓋は両手で外し、裏返してお重の向こう側に置きます。
  • お重は、手で持っても置いたままでも、どちらでもかまいません。置いたまま食べる場合は、猫背にならないよう背筋を伸ばし、左手をお重に添えましょう(右利きの方の場合)。
  • お重に直接口を付けて、ご飯や具を掻きこむのはやめましょう。
  • 食べ終わったら、蓋は再び閉めておきます。

 

◆お椀の扱い方

  • 左手でお椀を持ち、右手で蓋を持って外します(右利きの方の場合)。
  • 外した蓋は、裏返してお椀の向こう側に置きます。
  • 蓋の裏に水滴がついていて食卓にこぼしそうなときは、蓋を縦にしてお椀の中に水滴を落とします。
  • お椀にくっついて蓋が外しにくいときは、添えた左手で椀をほんの少しだけたわませると良いでしょう。
  • 食べ終わったら、蓋は再び閉めておきます。

 

あえて細かくマナーをアドバイスするのなら、こんなところですかね。まあよほどフォーマルな場でないのであれば、あまり堅苦しく考える必要は無いと思いますが、参考までに(^_^)


ホーム