うな丼とうな重の違い

うな丼とうな重の違い

「うな重」と「うな丼」

 

どちらも代表的なうなぎ料理ですが、どちらも白飯の上にうなぎの蒲焼きを乗せるという点では、何も変わりない料理に思います。

 

ではこの名称の違いはどこから来ているのでしょうか。

 

器の違い

まず「器」が最大の違いです。

 

  • うな重は食器として重箱が用いられる
  • うな丼は食器としてが用いられる

 

このような違いがあるのです。言われてみれば違いがとてもわかりやすく名前に現れていますね。

 

一般的に、うな丼に比べてうな重の方が、やや値が張るようです。見た目的にも丼で運ばれてくるより重箱で運ばれてきた方が、高級感を感じます。

 

値段の差別化

同じうな重(うな丼)でも、

 

  • うなぎの量に違いをつける
  • うなぎの質に違いをつける
  • お吸い物など、添え物に違いをつける
  •  

 

などの違いから値段を差別化している場合も多いです。

 

うな丼とうな重の作り方の違い

お店によっては、うな丼とうな重とで調理法が異なる場合もあります。たとえば、三重県伊勢市のうなぎ屋では、

 

  • うな丼は、ご飯にタレが混ぜ込んである。
  • うな重は、ご飯を重箱に入れてからタレをかける。

 

という違いがあるそうです。ご飯にタレを混ぜ込む調理法は「まぶし」と言われ、伊勢独特の方法です。


ホーム