〆はお茶漬けで!ひつまぶしの魅力を最大限堪能する食べ方

ひつまぶしの美味しい食べ方:〆はお茶漬けで!

ひつまぶしというのは、その名の通り、細かく切り分けたうなぎの蒲焼を、おひつに入ったご飯にまぶして食べる料理です。

 

薬味(山椒、ワサビ、海苔・ネギなど)、ダシやお茶などが一緒に出されますので、好きな薬味をかけたり、お茶漬けにしたりなど、好みに合わせた食べ方ができるようになっています。

 

また、出来るだけ全ての食べ方を楽しみたい!という場合は、以下の流れで食べることをおすすめします。

 

ひつまぶしの食べ方

  1. おひつの中のご飯をしゃもじで四等分する。
  2. 1/4を茶碗によそい、薬味など何も入れずにそのまま食べる。
  3. また1/4をよそい、好きな薬味を入れて食べる。
  4. また1/4をよそいダシやお茶をかけて、お茶漬けにして食べる。
  5. 最後の1/4は上で最も気に入った食べ方で食べる。

 

これが理想的なひつまぶしの食べ方です。味の変化を楽しみながら、飽きることなく食べることができますよ。


ホーム