うなぎの消費量日本一はどこ?

うなぎの消費量日本一はどこ?

日本人はうなぎが大好き。世界のうなぎの消費量の7割は日本であり、まさにうなぎ大国といえます。

 

しかし都道府県別でみると、うなぎの消費量が一番多いのはどこの県なのでしょうか?

 

うなぎの消費量トップ3の都道府県と、それらの都道府県の特徴について紹介していきたいと思います。

 

うなぎの消費量トップ3

2015年に取られた統計によると、一人あたりの年間うなぎ消費量が多い都道府県トップ3は以下のようになっています。

 

  • 1位:石川県 0.73匹
  • 2位:滋賀県 0.71匹
  • 3位:三重県 0.68匹
  • 全国平均:0.38匹

 

年度によって多少の変動がありますが、上記の3都道府県は、いずれも高頻度でトップ3にランクインしていることから、日本でも特にうなぎの消費量が多い県といえそうです。

 

うなぎ消費量と生産量は別

うなぎの消費量とは別に、うなぎの漁獲量、うなぎの養殖量なども見てみましょう。

 

うなぎの漁獲量ランキング(水揚げ量)

  • 1位:茨城県 14t
  • 2位:岡山県 9t
  • 3位:愛媛県、大分県 6t
  • 全国計:70t

 

うなぎの養殖量ランキング(水揚げ量)

  • 1位:鹿児島県 8,157t
  • 2位:愛知県 5,116t
  • 3位:宮崎県 3,348t
  • 全国計:20,119t

 

これらのランキングを見ると、うなぎの生産量 = うなぎの消費量ではないということが分かります。

 

実際、大阪や東京など、うなぎの産地ではない都市型の都道府県でも、うなぎの消費量はそれぞれ7位、8位と、全国でも高い位置にランクインしています。

 

うなぎの消費量が多い都道府県の特徴としては、人の出入りが多い、魚介専門点が集まっている、観光名所で人が集まる、などの要因があります。

 

生産量は必ずしも消費量と比例しないのです。


ホーム