クラゲの生息環境について

クラゲの生息環境について

中華料理では、定番の食材であるクラゲ。

 

中国でもクラゲは取れますが、日本はより多く漁獲でき、中国でも日本産のクラゲは高値で取引されています。

 

そんなクラゲですが、生息環境はどのようになっているのでしょうか。

 

そこで今回はクラゲの生息環境について紹介します。

 

クラゲの生息場所

クラゲは世界中に生息しており、南極から北極まで幅広く生息しています。

 

日本でも北海道から沖縄まで分布しており、さらに、浅瀬から深海まで、あらゆるところで生息が確認されています。

 

また、クラゲと言えば海に生息しているイメージですが、中には淡水で生活しているものも存在しています。

 

しかも沼や池、湖だけではなく、人工的な貯水槽などでも生息が確認されているのです。

 

このようにありとあらゆる環境に適応した生物がクラゲなのです。

 

適応能力が高い理由

クラゲは大人になると雌雄異体ですが、小さいうちは雌雄の区別がなく、無性生殖で増えていきます。

 

この時のクラゲは非常に生命力が強く、切っても潰しても、細胞が残っていれば再生してしまいます。

 

生息環境が悪いと休眠して我慢することもできるため、このように10億年も前から生息してこれたのです。

 

 

 

クラゲの生息環境はありとあらゆるところに適応しています。


ホーム