クラゲに目・脳・心臓はあるの?

クラゲに目・脳・心臓はあるの?

最近は水族館でも人気のクラゲ。クラゲ専門の展示場所を作るなど、各水族館がクラゲの展示に力を入れています。

 

そんな人気のクラゲですが、クラゲの体についてはご存知でしょうか。

 

今回はクラゲの目や心臓、脳についてご紹介いたします。

 

クラゲには脳がない?

人間であれば、生きていくために脳が必要ですよね。

 

ものを考えるのも、体を動かすのも、全て脳からの指令で動きます。

 

ですが、クラゲには脳がありません。その代わり、クラゲには散在神経という神経が体に張り巡らされており、神経同士のやり取りによって、体を動かします。

 

そのため、反射のようなうごきであるため、複雑な動きはほとんどできません。

 

クラゲには目がある?

クラゲには実は目があります。全てのクラゲに目が備わっているわけではありませんが、網膜やレンズが備わった、きちんとした目を持つクラゲが存在します。

 

ただし、クラゲには脳がないため、どのように映像を処理しているのかは分かっていません。

 

クラゲには心臓がない?

クラゲには心臓も血液もありません。クラゲから血が出ているのを見た人はいないと思います。

 

ですが、血管の代わりに、水管というものがあります。これを通って、体に酸素や栄養をいきわたらせるのです。

 

ですが、クラゲには心臓がないため、送りだす器官をもっていません。そのため、クラゲ自身が傘の開閉をして、全身に酸素などを送りだしています。

 

脳も心臓もないなんて、クラゲは不思議な生物ですね!


ホーム