クラゲの発光の仕組み

クラゲの発光の仕組み

クラゲ以外にも、光を放つ生物は自然界にたくさん存在しています。日本でも蛍は有名な発光生物ですよね。

 

海の中の生物では、ホタルイカなども、発光生物として有名です。

 

これらの生物が光るメカニズムについては、ルシフェリンとルシフェラーゼという物質が関わっています。

 

発光生物はこの2つの物質を体内に宿しており、このルシフェリンとルシフェラーゼが反応することにより光を放っているのです。

 

ホタルやイカに限らず、生物発光の多くはこのルシフェリンとルシフェラーゼが関係しています。

 

クラゲの発光のメカニズム

クラゲにも発行するクラゲが存在しており、オワンクラゲという種類のクラゲがそれで、当時、発光のメカニズムを研究していました。

 

当初はその他の生物と同じようにルシフェリンとルシフェラーゼが関わっていると考えられて今いたが

 

結果的に、全く別の物質である、イオクリンという物質が発光の原因であることが分かりました。

 

また、イオクリンだけではなく、GFPと呼ばれるたんぱく質も、発光に深く関わっていたのです。


ホーム