クラゲの大量発生の原因

クラゲの大量発生の原因

クラゲは正解に3000種類以上が生息しており、南極から北極まで分布しています。

 

日本でも各地で生息しており、大量発生などのニュースを見たことがある方も多いと思います。

 

そこで今回は、クラゲの大量発生の原因についてご紹介いたします。

 

クラゲは大量発生している?

クラゲは世界中に生息しており、人が刺されたりと被害を及ぼすことも多い生物です。

 

そんなクラゲが、世界中で大量発生しているというニュースを聞いたことがあるでしょうか。

 

日本でも、エチゼンクラゲが大量に発生して、漁に被害が出ているというニュースを聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

 

クラゲが大量に発生して浜辺に打ち上げられた李、海水浴ができなくなることもあります。

 

ですが、実はクラゲの大量発生には2種類の理由が考えられます。

 

気候の影響

クラゲは自信で泳ぐことも可能ですが、多くの場合は海中を漂っています。

 

そのため、海流や風の影響を受けやすく、一か所に集められて、群れのようになってしまうことがあります。

 

それらを見て、大量発生していると勘違いしてしまうケースもあります。

 

環境問題

もう一つは、本当に大量発生している場合です。

 

排水などの影響により、海が富栄養化して、エサとなるプランクトンが増えたり、温暖化によって海中の温度が上がったり

 

また、天敵となる魚が乱獲により減ったといった事が原因で、クラゲが大量発生していると考えられています。


ホーム