クラゲの分類は?プランクトンの仲間なの?

クラゲの分類は?プランクトンの仲間なの?

皆さんは、クラゲと言うとどのようなイメージを持たれているでしょうか。

 

海に出没して被害を出したり、はたまた、食用としれ食べられたりと、色々なイメージがあると思います。

 

そこで今回は、クラゲの生物的な分類についてご紹介いたします。

 

クラゲの分類は?

クラゲとは、淡水又は海水中に生息している、浮遊生活する生き物で、刺胞動物門と有櫛動物門に属している生物です。

 

クラゲの仲間は、現在3000種類以上が確認されており、今後も増えてゆく可能性があります。

 

クラゲには、これらの門以外属する生き物でも「クラゲ」という名前が付くものがいます。

 

たとえば、キクラゲ等が当てはまりますが、キクラゲは菌類です。そのため、これはクラゲとは別の生き物です。

 

クラゲはプランクトンの仲間?

クラゲは、傘を閉じたり開いたりすることによって自力で泳ぐこともできますが、多くは水中を浮遊しています。

 

そのため、クラゲは、プランクトンの仲間とされています。

 

プランクトンとは、水中を浮遊している生物の事で、自信では遊泳能力が無いか、あっても極めて弱いため、水中で浮遊している生物と言うことになっています。

 

プランクトン言うと、小さな目に見えない生き物で、小魚などのエサとなっているイメージがあるかもしれませんが

 

プランクトンには大きさは関係ないためクラゲもプランクトンの一種とされているのです。


ホーム