クラゲの寿命

クラゲの寿命

日本では、北海道から沖縄まで、各地に生息しているクラゲ。

 

中華料理の前菜としても食べられていて、その独特の歯ごたえが好きな方も多いですよね。

 

そこで今回は、そんな日本ではメジャーな生物であるクラゲの寿命についてご紹介いたします。

 

クラゲの寿命は?

クラゲはたくさんの種類がいるため、個体によって寿命は様々ですが、日本でよくみられるミズクラゲは1年以内と言われています。

 

さらに、あの大きなエチゼンクラゲでさえ、同じ程度と言われているため、クラゲの寿命は非常に短いといえます。

 

他にも淡水に棲むマミズクラゲは約1ヶ月程度と言われており、基本的には多きものほど長生きな様です。

 

不老不死のくらげがいる?

クラゲはほとんどの種族が1年以内の寿命と書きましたが、中には例外がいます。それはベニクラゲです。

 

このクラゲは若返りを行うことで不老不死の命と言われています。

 

通常はクラゲは年を取ると衰弱してやがて海に溶けてしまいますが、ベニクラゲは年を取ると、ポリプと呼ばれる子供の状態に戻ります。

 

そして、ポリプの状態からまた成長をはじめ、成体になるのです。

 

その後また、ポリプの状態に戻り、と繰り返えすことで、不老不死の体を持っているのです。


ホーム