クラゲの繁殖方法は?雌雄はあるの?

クラゲの繁殖方法は?雌雄はあるの?

クラゲは日本各地で生息している大変身近な生物です。

 

最近は水族館でも人気があり、さらにペットとして飼育もされているほどです。

 

そこで今回は、そんな人気者の生物であるクラゲの、繁殖方法や性別についてご紹介いたします。

 

クラゲに性別はあるの?

海中をゆらゆらと漂っている、不思議な生物であるクラゲ。

 

クラゲはプランクトンに分類されれるように、自分ではほとんど動きません。

 

そのため、雌雄同体と思っている方も多いかもしれませんが、きちんとオスとメスに分かれています。

 

クラゲはオスとメスに分かれているため、それぞれが卵子か精子を海中に放出するか、メスが精子を体内に受け入れることによって受精します。

 

クラゲには別の増え方もある。

クラゲはこのように、有性生殖で増えてゆきますが、実は他の方法でも繁殖することができます。

 

クラゲは、受精卵が孵化すると、プラヌラと呼ばれる幼生が生まれ、海底の岩や貝殻の上に着床するとポリプに変化します。

 

実はこのポリプは雌雄同体で、無性生殖でどんどんと増えていきます。

 

成長するとポリプが変化し、やがてクラゲになるのです。

 

クラゲは有性生殖と無性生殖の両方を行う、大変珍しい生物です。


ホーム