クラゲの祖先と進化について

クラゲの祖先と進化について

日本では食用としても親しまれているクラゲ。

 

中華料理の前菜として人気の食材でもあります。

 

そんな身近な存在であるクラゲですが、クラゲの祖先はどのようなものかご存知でしょうか。

 

そこで今回は、クラゲの祖先や進化についてご紹介いたします。

 

クラゲの祖先は?

クラゲは非常に昔から誕生していたと考えれており、カンブリア紀の前にはクラゲの祖先が誕生していたと考えられています。

 

その誕生はおよそ10億年前と言われています。

 

また、古代のクラゲには骨のあるものが見つかっていますが、これについては、どのような進化をたどっているのか未だに分かっていません。

 

クラゲの進化について

クラゲについては5億年前の地層から、クラゲの仲間がみつかっており、その時代か少し前から誕生したと考えられています。

 

これは、生物が爆発的に増えたカンブリアの爆発があった、カンブリア紀よりも前と考えられています。

 

そのため、クラゲはそのころから形がほとんど変わらず、進化というようなものをしていないと考えられています。

 

正に、生きた化石と呼ばれるにふさわしい存在なのです。

 

 

 

クラゲは5億年以上も前から、姿形が変わらずに、地球上に存在していたと考えられている、神秘の生物です。


ホーム