海水浴におけるクラゲ対策

海水浴におけるクラゲ対策

日本の海の各地で生息しているクラゲ。

 

夏になると海水浴でクラゲに刺される被害が毎年出ており注意が必要です。

 

そこで今回は、海水浴におけるくらげたいさくについてご紹介させていただきます。

 

日焼け止めを塗る

海水浴のクラゲ対策として、日焼け止めクリーム塗るというのがあります。

 

日焼け止めクリームには、クラゲが仲間と誤認する成分が含まれており、これを塗ることによって、クラゲに刺されなくなるというものです。

 

中には、クラゲ対策を施した、特殊な日焼け止めも売られているので、こういったものを有効活用しましょう。

 

ラッシュガードを着る

クラゲに刺されるのは、直接肌が露出している場所です。

 

クラゲの針はそこまで長くk無いため、ラッシュガードのような厚い生地の服を着ておくとクラゲに刺されても大丈夫なのです。

 

ラッシュガードは体のかなりの部分を覆ってくれるため、クラゲ対策としては大変有効です。

 

クラゲの発生時期を避ける

クラゲは海水の温度が高いときに大量に発生しやすいです。良くお盆の時期はクラゲが発生するので、泳いではいけないと言われていますよね。

 

そのため、できるだけその時期を避けて海水浴に行くことが重要です。

 

いかがでしたでしょうか?クラゲに刺されると、場合によては命を落とすこともあるため、大変危険です。きちんと対策して、安全に海水浴を楽しみましょう。


ホーム