不老不死のクラゲがいる?!

不老不死のクラゲがいる?!

近年はペットとしても人気のあるクラゲ。

 

そのため、水族館でも見かける機会が多くなりました。

 

そんなクラゲですが、クラゲの一生とはどのようなものなのでしょうか。

 

今回は、クラゲの一生についてご紹介します。

 

クラゲの一生

クラゲにはオスとメスがいるため、精子と卵子が受精して受精卵が造られます。

 

受精卵が孵化すると、プラヌラと呼ばれる幼生が生まれ、ポリプと呼ばれるものに変化します。

 

その後成長するとポリプが変化し、やがてクラゲになるのです。

 

クラゲの寿命は、おおよそ1年と言われています。

 

不老不死のクラゲがいる?

クラゲは上で書いたように、オスとメスが卵を受精させて子孫を残していきますが、中には特殊なクラゲが存在しています。

 

それはベニクラゲです。このクラゲは何と、年を取ると自らが若返りを行うことができるクラゲです。

 

通常のクラゲは、年を取ると衰弱してやがて死んでしまいます。

 

ですが、このベニクラゲは年を取ると、ポリプの状態にまで若返るのです。

 

そして、ポリプの状態からまた成長をはじめ、成体になるのです。

 

その後年を取ると、また、ポリプの状態に戻り、と若返りと成長を繰り返えすことで、不老不死の体を持っているのです。


ホーム