海月(クラゲ)の語源・漢字の由来

海月(クラゲ)の語源・漢字の由来

クラゲの語源には諸説あり、はっきりとは分かっていません。

 

まず、最初の説は、クラゲは海の中を回転品がら浮遊していることから、回転を指す言葉である、「クラクラ」からクラゲと呼ばれるようになったという説があります。

 

また、暗い海中にいることから、くらがかりのお化けという意味から「クラバケ」になり、それが変化してクラゲになったという説もあります。

 

他にも、目がないため、暗いだろうという意味から「暗げ(クラゲ)」と言われるようになったとか、丸い入れ物の様な外観であることから、「輪笥(くるげ)」からクラゲと言うようになったという説などがあります。

 

海月の漢字の由来

海月の漢字の由来は、クラゲが海中をゆらゆらと漂っている姿を見た時に海に月があるように見えたことから、「海月」と書かれるようになったと言われています。


ホーム