鯖缶の保存方法/賞味期限について

鯖缶の保存方法/賞味期限について

鯖缶は、調理された食材を金属製の容器(缶)に詰めて調味液を注入し、中の空気を除いて密封した後、加圧加熱殺菌と呼ばれる方法で殺菌し、冷却して出来上がります。

 

殺菌・密封されているため常温でも長期保存できるのが缶詰の良いところです。

 

しかしどんなところで保存しても良いということではありません。

 

直射日光のあたる場所や暖房器具のそばなど、温度の高い所は避けてください。品質低下を招きます。

 

保存場所として適しているのは、風通しが良く湿度が低いところです。

 

冷凍保存はしない

未開封の缶詰を冷凍庫に入れると、内容物が膨張して容器が破損するおそれがあるので、冷凍保存するのはやめましょう。

 

開缶後は中身を移し替えて早めに食べる

開缶後は中身を別の容器に移し替えてから、冷蔵庫で保存しましょう。

 

酸素や鯖缶の中身の成分などの作用で、缶の金属が溶け出すおそれがあるためです。

 

賞味期限は?

製品にもよると思いますが、鯖缶の場合、賞味期限は3~5年に設定してあることが多いです。

 

ただし賞味期限はあくまで美味しく食べられる期限なので、仮に賞味期限を過ぎたとしても、食べられないことはありません。

 

ただ安全に食べられるには缶詰が完全に密封されていることが条件です。

 

缶の形状が変わったり、膨らんでいたりなど、缶の破損が疑われるものは廃棄するようにしてください。

関連ページ

サバが「生き腐れ」と形容される理由:鮮度維持の難しさ
サバの臭み消し方法:熱湯/牛乳/酢/酒などを利用
サバの霜降りの方法:熱湯での湯通しが重要!
サバの味噌煮の臭み消し「生姜」がない!何か代用できるものは?
サバの味噌煮が甘すぎる!原因や甘さを抑える方法
サバの味噌煮で落し蓋をする理由(必要性)について
サバの味噌煮に使う味噌の種類は赤味噌?白味噌?
サバの味噌煮に生姜をいれる理由
サバの味噌煮のとろみがつかない…原因や改善法
サバの味噌煮の煮崩れを防ぐには
サバの味噌煮の身がパサパサ・・・失敗原因は?
サバの味噌煮は砂糖なしでも大丈夫?
サバの味噌煮を美味しく作るコツ!ほんのひと手間が味の決め手!
サバの味噌煮の煮汁(残り汁)を再利用しよう!
サバの味噌煮で味噌をいれるタイミングは?
サバの味噌煮の煮込み時間や火加減がよくわからないという方へ
サバの味噌煮が苦い!なぜ?原因や改善法
サバの塩焼きを美味しくする為の下処理
★サバの塩焼きの塩加減/塩分量の目安は?
サバの竜田揚げを作る場合、骨抜きはすべき?
塩サバで鯖の味噌煮って作れるの?
塩サバの塩抜き方法は?どれくらい時間必要?
締めサバとは何?サバを酢で締める理由
サバの切り身の冷凍保存方法:鮮度を保とう!
サバの味噌煮や塩焼きは冷蔵庫保存でどれくらい日持ちする?
残ったサバの味噌煮を冷凍保存する
冷凍サバの解凍は冷蔵庫?電子レンジ?
冷凍保存してたサバが変色・・・?原因は?
★冷凍保存したサバが安全に食べられる期限は?

ホーム