鯖(サバ)の調理・保存

鯖(サバ)の調理・保存

鯖(サバ)の調理方法、下ごしらえ、美味しい焼き方、保存方法といった 「サバの調理」の為のお役立ち情報をまとめています。

サバが「生き腐れ」と形容される理由:鮮度維持の難しさ

皆さんは「鯖の生き腐れ」という言葉はご存知でしょうか。サバは鮮度が落ちるのが早いため、見た目は生きているように新鮮に見えても、すでに腐り始めているという意味です。このような言葉があるくらい、サバは傷みやすく、新鮮なうちに食べることが望まれます。サバが塩焼きや味噌煮にはされても、刺身としてはあまり食べ...

≫続きを読む

サバの臭み消し方法:熱湯/牛乳/酢/酒などを利用

サバは脂が乗っていて美味しい魚なのですが、臭いが強い魚でもあります。今回はこのサバの臭味を消す方法についていくつかレクチャーしたいと思います。熱湯をかける霜降りと言われる王道な方法で、魚を湯通しして臭み成分を分解します。プロの料理人でも使う手法です。魚の煮つけや、あら汁等、煮て調理する場合に向いてい...

≫続きを読む

サバの霜降りの方法:熱湯での湯通しが重要!

サバを味噌煮にする場合、サバ特有の臭みを消す為の霜降りという下処理をしておくことをおすすめします。霜降りとはざっくり言えば魚を湯通しすることです。サバ以外にも、ブリなど比較的臭いの強い魚に対して行われます。この下処理は鯖の味噌煮のように魚を煮る料理に向いており、サバの塩焼きや竜田揚げのように焼いたり...

≫続きを読む

サバの味噌煮の臭み消し「生姜」がない!何か代用できるものは?

サバの味噌煮は、とっても美味しいのですが、下手に作るとサバ特有の臭いが目立ちやすい料理でもあります。そこでサバを煮込む際に臭味消しに効くショウガを投入するのが一般的なのですが、、いざ作ろうと思ったらショウガが無かったなんてことあるかもしれません。そこで今回は、ショウガの代わりに代用できる臭み消しをご...

≫続きを読む

サバの味噌煮が甘すぎる!原因や甘さを抑える方法

サバの定番の料理方法でもある味噌煮。甘辛い味が何とも食欲をそそりますが、逆に甘みが強すぎるという失敗例が多いようです。ここではサバの味噌煮が甘くなってしまう原因や対処法についてご紹介します。甘くなってしまう原因おそらくお店で食べるサバの味噌煮のように程良い甘さにならないのは、砂糖やみりんの入れすぎが...

≫続きを読む

サバの味噌煮で落し蓋をする理由(必要性)について

サバの味噌煮を美味しく作るポイントの一つに、落とし蓋をするというものがあります。落とし蓋をする理由、必要性としては以下の3点が主です。理由1:煮崩れを防ぐサバの味噌煮を煮込んでいるときに、身が煮崩れてボロボロになってしまったという経験がある方はいらっしゃいませんか?サバは元々身が非常に柔らかいため、...

≫続きを読む

サバの味噌煮に使う味噌の種類は赤味噌?白味噌?

サバの味噌煮は言うまでも無く、サバを味噌で煮て作る料理です。しかし味噌といっても、赤味噌か白味噌どちらを使うべきなのでしょうか。特に正解はない使う味噌の種類は特にこれが正解というのはありません。「赤味噌」、「白みそ」、「麹みそ」、「八丁味噌」等様々な味噌がありますが、大抵の味噌はサバに合いますし、個...

≫続きを読む

サバの味噌煮に生姜をいれる理由

サバの味噌煮は、言うまでも無く味噌でサバを煮て作る料理です。そして煮る際に一緒に生姜も煮込むのもおなじみの調理方法として知られます。生姜を共に煮込む理由としては以下の通りです。ショウガを入れる理由1:臭みけしサバの味噌煮にショウガを入れるのは、ショウガにはサバの臭みを消してくれる効果があるからです。...

≫続きを読む

サバの味噌煮のとろみがつかない…原因や改善法

ご家庭でサバの味噌煮でとろみがつかないという失敗例はよく耳にします。原因はなぜそもそもサバの味噌煮にとろみがつくのかということを考えればわかります。味噌や砂糖、みりん等の調味料が煮詰まることサバに含まれるゼラチン質等が水分中に溶け出すこと主にこの2点をもってとろみは生まれています。なので→みりん等調...

≫続きを読む

サバの味噌煮の煮崩れを防ぐには

サバの味噌煮はサバを味噌で煮る料理ですが、煮崩れを起こしてしまうという失敗例が多いです。今回はサバの味噌煮で煮崩れを防ぐ方法をご紹介したいと思います。煮崩れを防ぐ方法1:大きい鍋で煮るまず大きな鍋で煮ることが重要です。小さな鍋でサバ同士が接触してしまうと煮崩れしやすくなります。サバとサバの間に数セン...

≫続きを読む

サバの味噌煮の身がパサパサ・・・失敗原因は?

サバの味噌煮の失敗例によくある「身がパサパサ」の原因と解決策をご紹介します。パサパサにならないためにパサパサになってしまう一番の原因は「煮すぎてしまう」ことにあります。サバは寄生虫被害も少なくないので、つい入念に火を通そうとして煮すぎてしまうことがあるようです。しかし煮すぎると身から水分が抜けてパサ...

≫続きを読む

サバの味噌煮は砂糖なしでも大丈夫?

サバの味噌煮といえばあの甘辛いタレが食欲をそそりますが、あの甘みには大抵の場合砂糖を使っています。しかし糖分の摂取を控えたかったり、砂糖がなかったりした場合、砂糖なしでもサバ味噌を作りたい場合もあるでしょう。その場合、代用というより元々材料として使われるみりんを多めに入れて煮詰めるといいと思います。...

≫続きを読む

サバの味噌煮を美味しく作るコツ!ほんのひと手間が味の決め手!

サバの定番の調理方法と言えば味噌煮ですよね。サバの味噌煮の甘辛いタレでご飯がすすみます。しかし家庭で作るとなると意外と失敗が多い調理法でもあります。そこで今回は、サバの味噌煮を美味しく作るコツをご紹介します。切り込みを入れるサバの味噌煮は味噌、みりん、砂糖などで作った甘辛タレでサバを煮込むわけですが...

≫続きを読む

サバの味噌煮の煮汁(残り汁)を再利用しよう!

サバの味噌煮ってあの甘辛い煮汁が味わいたくて食べているようなところもありますよね。あれだけでもご飯何杯もいけるほど美味しいものです。しかしその煮汁がたくさん余ってしまってもったいないと思ったことはありませんか?サバの味噌煮の煮汁には、サバのうま味がたっぷり含まれているため、捨てるのはもったいないです...

≫続きを読む

サバの味噌煮で味噌をいれるタイミングは?

サバの味噌煮というと味噌でじっくり煮込むというイメージがありますが、味噌は煮立たせてはいけないと言われています。味噌は高温になると香りが飛んでしまう上に、うまみ成分が煮汁に溶け出さなくなってしまう為です。お味噌汁の味噌も具を煮込んでから最後に入れるのもそれが理由です。味噌の入れ方サバの味噌煮の場合、...

≫続きを読む

サバの味噌煮の煮込み時間や火加減がよくわからないという方へ

煮汁の出来は美味しい鯖の味噌煮の要ですが、うっかり焦がしてしまって大失敗してしまったなんてことはありませんか?一見簡単なサバの味噌煮も作ってみると案外難しいものです。サバを鍋に入れるタイミングと火加減サバを鍋に入れるタイミングは、鍋に水を張って沸騰させてからサバを入れるのが正解です。沸騰させてから入...

≫続きを読む

サバの味噌煮が苦い!なぜ?原因や改善法

よくあるパターンとしてはサバの下処理をしていなかったり、やり方が不十分な場合があります。考えられる原因と解決法を挙げていきます。原因1:霜降りを行っていない基本的なものとしては霜降りでしょうか。魚の苦みや雑味を抑える為に切り身を湯通しする作業です。魚の旨味を閉じ込める役割もあります。霜降りの方法まず...

≫続きを読む

サバの塩焼きを美味しくする為の下処理

旬のサバは脂が乗って大変美味しいですよね。サバそのもの旨味を存分に味わうなら、やはりシンプルに塩焼きが一番だと思います。ただシンプルだからこそ、下処理が仕上がりを大きく左右しますので、最低限のポイントは抑えておきましょう。塩を振って時間を置くサバは臭味が強めの魚なので、最初に塩を振って30分ほど置い...

≫続きを読む

★サバの塩焼きの塩加減/塩分量の目安は?

サバの塩焼きは塩加減が濃すぎても薄すぎても美味しくありません。好みにもよりますが、サバの重さの2%を目安にしてください。100グラムのサバに対して塩は2グラムです。また切り身に塩を振る際に、高い位置から振りかけることで、まんべんなく塩を振ることができます。塩の役割塩にはサバのたんぱく質を変化させる作...

≫続きを読む

サバの竜田揚げを作る場合、骨抜きはすべき?

鯖の竜田揚げはサバを醤油ベースのタレにつけ、片栗粉をまぶして揚げた料理です。高温で揚げることで魚特有の臭味もなくなり、肉のようなジューシーさが出ますので、魚苦手な人でも食べやすい料理です。鯖の竜田揚げに骨抜きはする?サバの塩焼きや味噌煮であれば、骨がついたまま調理し、骨を取り除きながら食べるのが一般...

≫続きを読む

塩サバで鯖の味噌煮って作れるの?

サバの味噌煮を作りたいけど、近場の売り場には塩サバしか売っていない…。旬の時期を外れている場合、こういうことは結構あります。塩サバでサバの味噌煮は作れなくもないですが、何も手を付けずにそのまま作ると、かなり塩辛くなってしまい食べれたものではありません。解決策それでもどうしてもという場合は、せめて塩抜...

≫続きを読む

塩サバの塩抜き方法は?どれくらい時間必要?

塩サバは自分好みの塩加減にしたかったり、竜田揚げや味噌煮など、塩焼き以外の調理法をしたい場合は、塩抜きをして元の濃度を薄める必要があります。塩抜きに使うのは食塩水1.5%程度の食塩水に、1~2時間ほど漬けておきましょう。真水ではなく食塩水を使うようにしてください。これは浸透圧を利用する為です。浸透圧...

≫続きを読む

締めサバとは何?サバを酢で締める理由

締めサバとは、サバを砂糖・塩等加えた酢で締めたサバ料理です。酢の作用によってサバの身が締まるため「締めサバ」と呼ばれています。酢で締める理由サバは、「鯖の生き腐れ」といわれるほど、鮮度が落ちやすい魚です。生きているように新鮮に見えても、すでに腐り始めている、という意味です。サバを含めた、サンマやイワ...

≫続きを読む

サバの切り身の冷凍保存方法:鮮度を保とう!

サバは鮮度が落ちやすいので買ってきたらすぐに冷蔵庫保存しましょう。もしも当日、遅くとも翌日に食べる予定がないのなら、冷凍保存しておきましょう。冷凍保存方法パックからだしてキッチンペーパーなどで水分を奇麗にふき取ります。ドリップ等の水気がある状態で保存すると臭いが強くなります。奇麗に水分をふき取ったら...

≫続きを読む

鯖缶の保存方法/賞味期限について

鯖缶は、調理された食材を金属製の容器(缶)に詰めて調味液を注入し、中の空気を除いて密封した後、加圧加熱殺菌と呼ばれる方法で殺菌し、冷却して出来上がります。殺菌・密封されているため常温でも長期保存できるのが缶詰の良いところです。しかしどんなところで保存しても良いということではありません。直射日光のあた...

≫続きを読む

サバの味噌煮や塩焼きは冷蔵庫保存でどれくらい日持ちする?

サバを味噌煮や塩焼きを作ったものの、食べきれずに残ってしまった場合、密閉性の高い容器やビニール袋などに入れ、できるだけ空気に触れない状態にして冷蔵庫保存してください。加熱調理済みの食べ物なので生の状態よりは日持ちしますが、2~3日以内には食べきるようにしてください。2~3日以内に食べきれない場合は、...

≫続きを読む

残ったサバの味噌煮を冷凍保存する

作りすぎたサバの味噌煮を数日中には食べられない場合は、冷凍保存するようにしてください。農林水産省の指導では冷凍した魚全般は1か月を目安に食べ切るようにとのこと。冷凍したサバの味噌煮についても1か月以内には食べたほうがいいでしょう。あまり長く放置していると、冷凍による乾燥や油脂の酸化によって、サバの風...

≫続きを読む

冷凍サバの解凍は冷蔵庫?電子レンジ?

冷凍サバを解凍する方法は色々とありますが、急ぎの場合は電子レンジが便利です。ただし電子レンジで急速解凍すると、・解凍ムラが出来る。・ドリップが多く出て味が落ちる。などのデメリットがあります。それでも電子レンジで解凍する場合は、低めのワット数で解凍するようにし、途中でひっくり返したり、向きを変えたりし...

≫続きを読む

冷凍保存してたサバが変色・・・?原因は?

冷凍保存していたサバを取り出して見ると、見た目が黄色っぽく変色していたなどといった経験があるかもしれません。これは別に腐ったとかではなく、単純に冷凍焼けの可能性が高いです。冷凍焼けとは、食材を長い間冷凍室で保存したときに、乾燥や油脂の酸化によって、風味や食感が悪くなったり、身が黄色くなるなどの変色を...

≫続きを読む

★冷凍保存したサバが安全に食べられる期限は?

サバは鮮度が落ちやすいので、すぐに食べるつもりがない場合、すぐにでも冷凍保存する必要があります。そして冷凍保存の期限なのですが、生の状態なら1週間程度が限度でしょう。加熱調理済みのサバならば一ヶ月程度は持つでしょう。ただ生の状態でも、酢締、塩漬け、味噌漬けなどにすることで保存性を高め、保存期限を延ば...

≫続きを読む


ホーム