サバの味噌煮を美味しく作るコツ!ほんのひと手間が味の決め手!

サバの味噌煮を美味しく作るコツ:ほんのひと手間が味の決め手!

サバの定番の調理方法と言えば味噌煮ですよね。サバの味噌煮の甘辛いタレでご飯がすすみます。

 

しかし家庭で作るとなると意外と失敗が多い調理法でもあります。

 

そこで今回は、サバの味噌煮を美味しく作るコツをご紹介します。

 

切り込みを入れる

サバの味噌煮は味噌、みりん、砂糖などで作った甘辛タレでサバを煮込むわけですが、サバの切り身には皮目に切り込みを入れておきましょう。こうすることにより中身にタレの味が染みこみやすくなります。

 

生姜を入れる

味噌ダレと一緒に生姜も煮込むようにしましょう。生姜の辛味成分 (ジンゲロン、ショーガオール) が、サバの臭みを抑えて美味しさを引き出してくれます。

 

霜降りをする

下処理として霜降り(熱湯に湯通し)をしましょう。これによってサバの臭みを抑えることができます。ちょっと手間かもしれませんが、煮魚というのは臭味が目立ちがちなので、やるのとやらないのとではかなり違います。

 

味噌を2回に分けて入れる

  1. まず最初は、味噌以外の調味料とサバを鍋に入れて火にかけます。
  2. 沸騰したところで、味噌を半分入れ、さらに火をかけます。
  3. 最初に入れる味噌は、煮ていくうちに風味が飛んでしまいます。そこで、サバに火が通った後に、残りの味噌を加えて風味を出します。
  4. 味噌を加えた後は沸騰させないように注意してください。

 

落としぶたをする

落としぶたをすることで、身を押さえ込み煮崩れを防ぐこと、内部の対流で味が染みこみやすくなる、熱が回りやすく時短で火が通るなどのメリットがあります。

関連ページ

サバが「生き腐れ」と形容される理由:鮮度維持の難しさ
サバの臭み消し方法:熱湯/牛乳/酢/酒などを利用
サバの霜降りの方法:熱湯での湯通しが重要!
サバの味噌煮の臭み消し「生姜」がない!何か代用できるものは?
サバの味噌煮が甘すぎる!原因や甘さを抑える方法
サバの味噌煮で落し蓋をする理由(必要性)について
サバの味噌煮に使う味噌の種類は赤味噌?白味噌?
サバの味噌煮に生姜をいれる理由
サバの味噌煮のとろみがつかない…原因や改善法
サバの味噌煮の煮崩れを防ぐには
サバの味噌煮の身がパサパサ・・・失敗原因は?
サバの味噌煮は砂糖なしでも大丈夫?
サバの味噌煮の煮汁(残り汁)を再利用しよう!
サバの味噌煮で味噌をいれるタイミングは?
サバの味噌煮の煮込み時間や火加減がよくわからないという方へ
サバの味噌煮が苦い!なぜ?原因や改善法
サバの塩焼きを美味しくする為の下処理
★サバの塩焼きの塩加減/塩分量の目安は?
サバの竜田揚げを作る場合、骨抜きはすべき?
塩サバで鯖の味噌煮って作れるの?
塩サバの塩抜き方法は?どれくらい時間必要?
締めサバとは何?サバを酢で締める理由
サバの切り身の冷凍保存方法:鮮度を保とう!
鯖缶の保存方法/賞味期限について
サバの味噌煮や塩焼きは冷蔵庫保存でどれくらい日持ちする?
残ったサバの味噌煮を冷凍保存する
冷凍サバの解凍は冷蔵庫?電子レンジ?
冷凍保存してたサバが変色・・・?原因は?
★冷凍保存したサバが安全に食べられる期限は?

ホーム