ブリで美味しい部位はどこ?

ブリで美味しい部位はどこ?

秋から冬にかけて旬になる、脂の乗ったブリは最高に美味しいですよね。

 

料理法も色々とあるため、ご家庭で出されることも多いと思います。

 

ブリは大きい魚なので、切り身で買うのが一般的ですが、部位によって味が違います。

 

今回は、ブリの美味しい部位についてご紹介します。

 

どんな部位がある?

ブリには様々な部位があり、それぞれ味が違います。代表的な部位としては、背身、腹身、カマが一般的でしょう。

 

どれが美味しいかと言われると、正直、それぞれの好みになります。ですので、それぞれ自分の好みの場所を見つけて購入されると良いでしょう。

 

背身

切り身にしたときに、背中の部分にあたるのが、背身です。いわゆる、赤身の部分です。

 

肉厚で、脂が少なめなので、あっさりした味が好きな方には良いでしょう。背身が向いている料理としては、お刺身や、照り焼きがあります。

 

腹身

切り身の、お腹の部分にあたるのが腹身になります。いわゆる、トロの部分になります。

 

腹身の特徴は何といっても脂が乗っていることです。

 

こってりと味が好きな方にはお勧めです。腹身が向いている料理は、お刺身や、ぶりしゃぶがあります。

 

カマ

ブリの頭と体の間の部分がカマになります。カマは大変脂が乗っているにもかかわらず、腹身よりもすっきりとした味なのが特徴的です。

 

カマの向いている料理としては、塩焼きがあります。軽く塩をふって、焼いたぶりカマに、大根おろしを合わせれば絶品です。

 

 

 

ブリには色々な部位があり、部位ごとに味が楽しめます。


ホーム