ブリは何魚?白身魚?赤身魚?

ブリは何魚?白身魚?赤身魚?

旬のブリは、大変脂がのって美味しいため、日本人には人気のある魚の一つです。

 

そんなブリですが、ブリは赤身と白身のどちらに分類されるかご存知でしょうか。

 

今回は、意外と知らないブリの魚の種類についてご紹介いたします。

 

赤身と白身の違いについて

赤身と白身の違いは?と聞かれたら、身の色が赤いのが赤身の魚で、身の色が白いのが白身と答えるのではないでしょうか。

 

もちろんそれも正しいのですが、実はもう少し正確な分け方があります。

 

赤身の魚というのは、魚は常に回遊している魚の事です。回遊魚は、体の中に酸素を取り込みやすくするため、色素タンパク質が多く含まれています。

 

この色素タンパク質が赤い色をしているため、身の色が赤くなります。マグロやカツオの身の色が赤いのはこのためです。

 

では白身の魚はというと、赤身の魚とは逆で、同じところに居続けることができる魚です。鯛やヒラメは白身魚の代表です。

 

ブリは赤身?白身?

では、ブリは赤身か白身のどちらでしょうか。ブリは回遊魚のため、実は赤身の魚になります。

 

身の色が白いのに赤身の魚なんて、何ともややこしいですよね。

 

実は赤身の魚の特徴として、真っ赤な血合いがあることが挙げられます。ブリには赤い血合いがありますよね。回遊魚かどうか知らなくても、ここで見分けることができます。

 

いかがでしたでしょうか。ブリが赤身の魚とは、かなり意外だったのではないでしょうか。


ホーム