ワインに合うブリの食べ方

ワインに合うブリの食べ方

ブリといえば、お刺身や照り焼き、ブリ大根など、和食にするのが一般的です。

 

ですが、最近は家でワインを飲む人も増えてきているため、ワインに合うブリ料理があれば、さらに料理の幅が広がります。

 

そこで今回は、ワインに合うブリの食べ方をご紹介いたします。

 

ブリのムニエル

ムニエルとは、食材に小麦粉をつけてたっぷりのバターで焼いた料理です。フランス料理の定番でもあります。サケのムニエルは有名ですよね。

 

作り方はとても簡単です。ブリの切り身を白ワインに15分ほど漬けおきします。

 

そうしたらブリを取り出し、キッチンペーパー等で水気をふき取ります。塩コショウをして、小麦粉を全体に薄くまぶします。

 

フライパンを火にかけ、たっぷりのバターを入れて溶かします。溶けたらブリを入れて両面をカリッとなるまで焼きます。

 

お刺身用のブリを使って、レアに仕上げても美味しいです。

 

味付けは、塩又は醤油で食べて下さい。シンプルな調理方ですが、ワインともとても合います。

 

ブリのコンフィ

コンフィとはオイル煮の事です。ブリに振り塩をして臭みと水分を抜きます。

 

鍋にたっぷりのオリーブオイルとローズマリー、タイム、ローリエ、ニンニク、ブリを入れて、弱火にかけます。

 

沸騰して揚げ物にならないよう火は一番弱くしてください。20分ほど煮れば完成です。

 

パン、ワインと一緒に食べればそれだけでご馳走になります。

 

いかがでしたでしょうか。たまにはブリにワインを合わせてみてはいかがでしょうか。


ホーム