美味しいブリ大根を作るのに旬の季節といえば?

美味しいブリ大根を作るのに旬の季節といえば?

ブリは今、養殖を含めれば1年中食べることができる魚となっています。

 

そんなブリで作る絶品料理といえば、間違いなく「ブリ大根」でしょう。

 

出汁の染み込んだ大根とふんわりとした食感のブリのブリ大根は、子どもや大人問わず大人気の料理です。

 

さて、そんなブリ大根ですが、本当に美味しいものを作りたかったら旬の季節に作ることだといわれています。

 

今回、美味しいブリ大根を作るのに旬の季節を紹介します。

 

ブリも大根も冬が旬!

まず、ブリの旬ですが、「寒ブリ」というブランドがあるように、12月から1月が最も旬の季節といわれています。

 

回遊魚であるブリは、寒ブリなどの場合、寒い地域でしっかりと脂を乗せてから富山湾で餌を豊富に食べるため、脂と身の締まり、そして大きさが申し分無くなるといわれています。

 

大根に関しても、冬に甘みが乗る野菜としてしられており、この二つの食材は旬が同じなので、より美味しく仕上がるわけです。

 

脂が乗るから旨味も凄い

旬を向かえた冬場のブリの場合、脂が多く乗っています。しかし、身がしっかりと引き締まっているため、脂っぽ過ぎず上品な味わいに仕上がるのです。

 

そういったブリの旨味をたっぷりと甘い大根が吸うわけですから、美味しくないわけはありません。ぜひ、一度旬のブリと大根で、絶品のブリ大根を作ってみられてはいかがでしょうか。


ホーム