ブリの天然と養殖の違いは?味・値段・栄養等に差はあるの?

ブリの天然と養殖の違いは?味・値段・栄養等に差はあるの?

ブリは、日本人にとって大変馴染み深い魚であるため、スーパーでもよく見かけると思います。

 

スーパーで売られているブリには、天然物と養殖物がありますが、いったい何が違うのでしょうか。

 

今回は、天然のブリと、養殖のブリとの違いをご紹介させていただきます。

 

味の違いは?

皆さんが一番気になるのは、やはり味に違いがあるのかどうかではないでしょうか。

 

養殖のブリは、エサを豊富に与えられて育つため、全体的脂の乗りがよく、こってりとした味わいで、身も柔らかめです。

 

一方天然のブリは、冬場は養殖のブリに負けないくらい脂が乗るものもありますが、一般的には養殖のブリより脂が少なく、あっさりとした味わいです。

 

身も引き締まっていてしっかりとた歯ごたえがあります。

 

天然の方が美味しいと言われていますが、脂が乗っているため養殖の方を好まれる方もいます。

 

値段の違いは?

天然のブリは、産地や取れる時期によって値段は様々です。富山の氷見ブリともなれば、東京では、一切れ2000円以上で売られることもあります。

 

一方養殖のブリは比較的値段が安定しており、一切れ300円程度で売られていることが多いです。

 

栄養の違いは?

養殖のブリの方が脂が乗っているため、カロリーは養殖の方が高くなります。その他の栄養素については、ほとんど差はありません。

 

天然と養殖はそれぞれに良いところがあります。


ホーム