タコを「デビルフィッシュ」と呼び食べない国がある?

タコを「デビルフィッシュ」と呼び食べない国がある?

日本では大変身近な食材であるタコですが、世界的に見ると食べられているのは、ほんの一部の地域に限られていたりします。今回はそんなタコにまつわる、食についてご紹介いたします。

 

タコを食べる国

日本では、タコ焼きやおでんなど、広く一般的に食べられているタコですが、アジアでは日本以外では、韓国で食べられている程度で、中国などでは食べられていません。

 

また、ヨーロッパにおいては、南ヨーロッパや地中海沿岸地域である、スペインやイタリア、ギリシャ、南フランスでは食べられていますが、その他の地域ではほとんど食べられていないのが現状です。

 

デビルフィッシュとは?

タコが食べられているのが一部の地域のみということをお伝えしましたが、なぜそれほどまでに限定されているのでしょうか。

 

実は、ユダヤ教では、鱗の無い海生動物は全て汚らわしい生物だとされています。そのため、この汚れたものというのが、悪魔と結びつき、タコがデビルフィッシュと呼ばれるようになったと考えられます。

 

そのため、イギリスやドイツ、アメリカなどではデビルフィッシュと呼ばれ忌み嫌われているのです。

 

意外にもタコを食べるのは、世界的に見ると少数派なんですね~。


ホーム