タコの内臓は料理にして食べられる?

タコの内臓は料理にして食べられる?

茹でても刺身でも色々な料理が楽しめる食材であるタコ。実は内臓も食べられるのをご存知でしょうか。タコのほとんどは、内臓を取り出して出荷されるため、あまり見かけることはありませんが、ぜひ食べて欲しいところです。そこで、タコの内臓の料理について紹介します。

 

タコの内臓の食べ方

タコの内臓は、出荷されるときに取り出されてしまうため、市場に出回ることはあまりありません。そのため、漁師が食べていることが多く、ほとんどが漁師料理として存在しています。

 

そんな内臓の食べ方は、シンプルにボイルして、刺身で食べることです。茹でたタコの内臓を、醤油やポン酢、酢醤油などで食べています。独特食感とうま味があり、大変美味しい料理です。

 

この他の食べ方として、煮て食べるドウグ汁という料理があります。ドウグ汁とは、青森の郷土料理で、「生きるための道具」という意味からきています。作り方も非常にシンプルで、昆布でダシをとっただし汁に、酒、醤油、みりん、塩などで味をつけて煮たものです。

 

タコの内臓は、身と同様タウリンを豊富に含んでおり、疲労回復効果が期待できます。

 

あまり手に入らないタコの内臓ですが、機会があれば召し上がってみて下さい。


ホーム