イカスミとタコスミの違いは?タコスミは食べられない?

イカスミとタコスミの違いは?タコスミは食べられない?

日本では昔から食べられている大変身近な食材であるタコ。同じように日本人に人気の食材としてイカがありますが、イカスミは良く食べられますが、タコスミはあまり聞いたことが無いですよね。そこで今回は、、イカスミとタコスミの違いにつてご紹介いたします。

 

イカスミとタコスミの違い

タコもイカも両方とも墨を吐く生物として知られていますが、それぞれは墨に含まれている成分や用途が異なります。

 

イカは墨を吐くことで、自分のおとりとして墨を利用します。イカの墨には油分が含まれているため、吐いた後に広がらずに、水中をゆらゆらと漂って、相手にイカと誤認させます。

 

それに対して、タコは墨を吐くことによって、相手の目をくらまして逃げるために使います。タコの墨には油分が含まれていないため、水中ですぐに拡散し、相手の視界を奪って逃げやすくする効果があるのです。

 

タコスミは食べられない?

イカスミを使った料理は世の中にたくさんありますが、タコスミを使った料理はありません。タコスミは美味しくないからと言われることもありますが、美味しいという人もいます。

 

使われない原因としては、一番は墨の量が少ないことが挙げられます。タコはイカの10分の1程度の墨の量しかなく、さらに取り出しにくいため使われません。また、粘性が少なく、加熱すると分離するため、料理に使いにくいという理由もあります。

 

いかがでしたでしょうか?タコスミも食べられないわけでは無いので、興味がある人は食べてみると良いかもしれません。


ホーム