タコとイカの味や食感の違い

タコとイカの味や食感の違い

日本では古くから身近な存在として食べられているタコ。色々な調理方法があり、子供から大人まで人気です。そんなタコとよく似た食べ物にイカがあります。見た目は違いますが、味や食感は具体的にどう違うのでしょうか。今回は、タコとイカの味の違いを紹介します。

 

タコ派?イカ派?

タコもイカも日本では非常に身近な食材であるとともに、とても人気の食材でもあります。お寿司の定番のネタでもあり、唐揚げやフライ、煮物にも使われるため、家庭でも食べる機会が多いと思います。

 

タコとイカはどちらが人気かというと、イカの方がやや人気で優っているようです。さらに流通量で見てみると圧倒的にイカに軍配が上がります。

 

タコとイカの味や食感の違い

まずは、触感を比べてみると、生のイカはコリコリとした歯ごたえが特徴的で、お刺身でも人気の品です。タコの方は、お刺身で食べることは、イカに比べて少ないですが、ねっとりとした歯ごたえが特徴的です。

 

茹でたものになると、タコはぷりぷりとした食感になりますが、イカはクニュクニュとした食感で、火を通したものは、タコが人気のようです。

 

味の違いは、イカはねっとりとした甘みが広がるのに対し、タコは凝縮した旨味を感じられます。


ホーム