タコの卵の美味しい食べ方

タコの卵の美味しい食べ方

タコ焼きに、お刺身に、唐揚げとタコは大変身近な食材であるため、色々な方法で楽しめる便利な食材ですよね。ですが、食べるのは身ばかりで、タコの卵は食べたことが無い方が多いのではないでしょうか。今回はそんなタコの卵の美味しい食べ方をご紹介いたします。

 

どこで食べられる?

タコの卵はスーパーなどでも売られているのを見たことが無いという方が多いと思います。タコの卵は北海道では、スーパーなどでも売られているとてもメジャーな食材ですが、ほとんどを地元で消費してしまうため、道外に出回ることは殆どありません。そんな北海道ではメジャーなタコの卵の食べ方をご消化します。

 

食べ方は?

タコの卵は様々な調理法で美味しく食べることができます。

 

◆生で
新鮮なものはお刺身と同じようにそのまま醤油やポン酢をつけて食べます。独特の食感が癖になると言います。

 

◆漬けにして
醤油、酒、みりんなどの調味料と一緒に漬けこんで、漬けにして食べることもあります。どちらかというとこの食べ方の方がメジャーで、漬けをお寿司のネタにしたりもします。

 

◆茹でてポン酢で
熱湯でさっと湯がいて、紅葉おろしやアサツキなどを加えてポン酢で食べます。白子のような美味しさが味わえます。

 

◆煮つけで
醤油や砂糖、酒、みりんなどで甘辛く味付けして煮つけにします。家庭で食べるにはこの方法が多いようです。

 

いかがでしたでしょうか?もし出会うことがあったらぜひ食べてみて下さい。


ホーム