鮭の皮の栄養価の高さ:コラーゲンと脂質が豊富!

鮭の皮の栄養価の高さ:コラーゲンと脂質が豊富!

鮭の皮は食べても美味しくないものとして捨ててしまう人も多いと思います。勿論無理して食べよとは言えませんが、健康や美容を意識するのなら、捨ててしまうのはとっても勿体無い食材です。

 

皮にはコラーゲンが豊富!

コラーゲンというのは肌の保湿を助ける効果を持ちます。そして鮭の皮には、身よりもコラーゲンが集中的に含まれているので、美容を意識するのなら、是非捨てずに食べてほしい部分なのです。

 

フィッシュコラーゲンがすごい!

このコラーゲンは動物性コラーゲンよりも、人体への吸収率が高い「フィッシュコラーゲン」と呼ばれるもの。皮を煮てこれを抽出したものが、健康食品や化粧品、医療品などに活用されています。

 

現在は鮭の皮から抽出したコラーゲンで、人工歯根材料や創傷被覆材などの開発が進められているそうで、将来性が期待できますね。

 

皮の直下はDHA/EPAの宝庫!

また皮の直下には脂質がたっぷりですよね。ここには不飽和脂肪酸のDHA/EPAも豊富に含まれています。DHA/EPAは高血圧予防、中性脂肪低減、学習能力向上、生活習慣病予防といった数々の効果があります。食べ損ねないようにしたいですよね。

 

その他

その他身に含まれる以下のような栄養成分も含まれています。

  • ビタミンA…鮭の皮には目の神経伝達を助け体表の免疫力を高める。夜目が見え難くなる夜盲症や風邪や癌の発症を予防することができる。
  • ビタミンB…体の回復を助けて肌を健康に保つ。摂取することで疲労回復や美肌効果を得られる。

ホーム