猫/犬に鮭をあげても大丈夫?

猫/犬に鮭をあげても大丈夫?

猫・犬に鮭の切り身などを与えても大丈夫なのでしょうか。特に猫は魚好きというイメージがあるので鮭も気に入るのではと勝手に思ってしまいますが…。

 

不飽和脂肪酸の過剰摂取による悪影響の可能性

鮭の話ではなく青魚の話になりますが、猫・犬は、青魚ばかり食べているとビタミンE不足になり、その結果、脂肪が黄色く変色し炎症を起こす黄色脂肪症という病気にかかることがあると言われています。

 

この病気は、青魚に含まれる不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)を体内で分解する時にビタミンEを大量に消費することにより起こります。

 

発熱、食欲不振、毛づやが悪くなるなどの症状が表れ、痛みを伴うことから触られるのを嫌がったり、ぎこちない歩き方をしたりするようになることもあるとされています。

 

鮭にも不飽和脂肪酸は含まれている?

この不飽和脂肪酸は鮭にも含まれていますが、青魚ほどではありません。なので与えすぎなければ大丈夫かと思いますが、心配なようなら動物病院の先生など専門家の意見を聞いたうえで与えるといいでしょう。

 

青魚についても、青魚自体の問題というよりは、その偏食や栄養バランスの悪さが問題で病気を引き起こすのであって、栄養バランスさえとれていれば、少量なら与えても大丈夫という見解もあるようです。

 

寄生虫や細菌にも注意

人間と同じく、寄生虫や細菌が猫・犬の健康に影響を及ぼすことがあります。加熱調理用の生鮭には、アニサキスやサルモネラなどの寄生虫が潜んでいることがあります。なので加熱用の鮭は生では与えないようにしてください。

 

アニサキスは十分に冷凍するか加熱しないと死滅しますが、サルモネラは十分に加熱すれば死滅しますが、冷凍しても死滅しません。

 

その他の注意事項

  • 過剰な塩分は猫・犬の心臓や腎臓に負担をかけるおそれがあると言われており、塩鮭を猫・犬に与えるのは避けるべきでしょう。
  • 鮭には小骨が多い種類のものがあり(紅鮭など)、骨が喉に刺さることも考えられます。与える場合は、しっかり骨をとってあげてください。

ホーム