鮭に含まれている栄養成分と効果

鮭に含まれている栄養成分と効果

鮭には、身体の健康に良い栄養成分が豊富に含まれています。そこで今回は、鮭に含まれる栄養成分とその効果についてご紹介します。

 

DHA・EPA:血液サラサラ効果!

鮭の脂には、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸が含まれています。このDHA・EPAにはコレステロールを抑制し、血液をサラサラにする作用があります。そのため、高血圧や動脈硬化の予防、またDHAには記憶力の低下を予防するといった効果が期待できます。

 

DHA/EPAは加熱により大幅に量が減ってしまうので、刺身で食べるのが一番効果的でしょう。

 

アスタキサンチン:高い抗酸化力を誇る!

鮭の身がピンク色なのは、アスタキサンチンという高い抗酸化成分の色素によるものです。その抗酸化力(老化の原因である活性酸素を除去する働き)は、ビタミンCの約6000倍ともいわれ、アンチエイジングや生活習慣病の予防にも効果が期待されています。

 

ビタミン類:身体を丈夫にする!

鮭には、ビタミン類が豊富に含まれます。ビタミンB1には身体を疲れにくくする働きが、ビタミンB2には血圧やコレステロールを下げる作用があります。また、特に多く含まれるビタミンDにはカルシウムの吸収をよくする働きがあるため、骨を丈夫にするために欠かせない栄養素です。さらに、筋力低下の予防や認知機能低下の予防効果もあるとされています。

 

 

 

このように、鮭に含まれる栄養には私たちが健康を保つために必要な成分が多く含まれています。日常の食生活に、ぜひ鮭を使ったメニューを積極的に取り入れてみましょう。


ホーム