鮭の健康・安全性

鮭の健康・安全性

鮭(サケ)に含まれる栄養成分や効能のほか、アレルギー・寄生虫・腐敗による食中毒など健康被害対策など、サケと健康に関する情報をまとめています。

鮭に含まれている栄養成分と効果

鮭には、身体の健康に良い栄養成分が豊富に含まれています。そこで今回は、鮭に含まれる栄養成分とその効果についてご紹介します。DHA・EPA:血液サラサラ効果!鮭の脂には、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)という不飽和脂肪酸が含まれています。このDHA・EPAにはコレステロール...

≫続きを読む

鮭の美容効果

日本人にとても馴染みの深い鮭。使い勝手が良く、和食洋食を問わずレシピが豊富な魚ですが、単に美味しいだけでなく、美容効果も期待できることをご存知でしたか?ここでは、鮭に含まれる様々な有効成分とその美容効果をご紹介したいと思います。美容成分1.アスタキサンチンアスタキサンチンは、カロテノイドと呼ばれる、...

≫続きを読む

鮭は血糖値改善に効果は?

鮭には、血糖値を下げたり、血糖値の上昇に伴ってドロドロになった血液の状態を改善するなどの効果が期待できる成分が含まれています。ここで、そのいくつかをご紹介します。アスタキサンチンアスタキサンチンは、カロテノイドと呼ばれる色素の一種で、赤や橙色をしています。鮭の身がサーモンピンク色をしているのは、この...

≫続きを読む

鮭1切れのタンパク質含有量は?

タンパク質は、血液、内臓、筋肉や骨など私たちの体のあらゆる組織を作り、生命を維持するために欠かすことができない大切な物質です。このタンパク質は、鮭にはどれくらい含まれているのでしょうか。タンパク質の含有量文部科学省が公表している『日本食品標準成分表2015年版(七訂)』の日本食品標準成分表(魚介類)...

≫続きを読む

鮭に豊富なビタミンDの効果

古くから日本人に食されてきた鮭。ただ美味しいだけでなく、体に良いビタミンDが豊富に含まれています。ビタミンDには、主に以下の3つの効果があるといわれています。効果1.骨を強くするビタミンDは体内に入り腸に達すると、骨の材料となるカルシウムの吸収を助ける働きをします。その為ビタミンDを摂取することで骨...

≫続きを読む

鮭に豊富なアスタキサンチンの効果/含有量/加熱の影響など

鮭にはアスタキサンチンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。アスタキサンチンは、カロテノイドと呼ばれる、自然界に広く存在する天然の色素の一種で、赤や橙色をしています。実は鮭は白身魚に分類されるのですが、アスタキサンチンを筋肉中に溜め込んでいる為、あのような”サーモンピンク”の色合いになっているのです...

≫続きを読む

鮭の皮の栄養価の高さ:コラーゲンと脂質が豊富!

鮭の皮は食べても美味しくないものとして捨ててしまう人も多いと思います。勿論無理して食べよとは言えませんが、健康や美容を意識するのなら、捨ててしまうのはとっても勿体無い食材です。皮にはコラーゲンが豊富!コラーゲンというのは肌の保湿を助ける効果を持ちます。そして鮭の皮には、身よりもコラーゲンが集中的に含...

≫続きを読む

鮭の寄生虫の種類や対策:冷凍もしくは焼くことで殺せる?

鮭の寄生虫被害の原因になりやすいのは、アニサキスとサナダムシなどです。鮭にサナダムシが寄生していることは稀なので、最も注意すべきはアニサキスですね鮭の寄生虫対策アニサキスの体は細く透明なので、目をこらせば目視確認できますが、気がつかないことが多いです。なので直接取り除くのではなく、以下の方法で死滅さ...

≫続きを読む

鮭アレルギーの症状や原因は?吐き気や湿疹がでた場合の対処法

鮭は人によってはアレルギー反応を引き起こす食品であり、酷い場合重篤なアレルギー反応を発症して命に関わることもあります。ここでは鮭アレルギーの症状・原因・対処法についてお話していきます。鮭アレルギーの症状鮭アレルギーの主な症状は、吐き気、発疹、目の充血、全身や一部の赤みや腫れなどです。また、過去に鮭ア...

≫続きを読む

鮭を離乳食にする場合:赤ちゃんにはいつからあげる?

赤ちゃんがペースト状の離乳食をスムーズに食べられるようになったら、美味しくて発育にも良い「鮭」を与えてみてはいかがでしょうか。鮭は離乳食中期(生後7~8ヶ月頃)から鮭はペースト状の離乳食初期を過ぎて、モグモグし始める大体生後7~8ヶ月頃(離乳食中期)からあげても大丈夫でしょう。ただ、鮭は白身魚の中で...

≫続きを読む

変色した生鮭は食べても大丈夫?

鮭の色合いがなんだかいつもと違う…食べても大丈夫なの?と不安になっている方へ。この変色についてはいくつかの原因が考えられます。冷凍焼け冷凍焼けとは、長い間冷蔵庫の冷凍室で保存したときに、乾燥や油脂の酸化によって、風味や食感が悪くなったり、黄や白っぽく変色したりする現象のことを言います。冷凍焼けした鮭...

≫続きを読む

猫/犬に鮭をあげても大丈夫?

猫・犬に鮭の切り身などを与えても大丈夫なのでしょうか。特に猫は魚好きというイメージがあるので鮭も気に入るのではと勝手に思ってしまいますが…。不飽和脂肪酸の過剰摂取による悪影響の可能性鮭の話ではなく青魚の話になりますが、猫・犬は、青魚ばかり食べているとビタミンE不足になり、その結果、脂肪が黄色く変色し...

≫続きを読む

赤ちゃんに塩鮭をあげたい:いつから大丈夫?塩抜きすべき?

赤ちゃんの腎臓は成長途上で未発達のため、負担が大きい塩はなるべく使わないようにした方が良いと言われています。厚生労働省が市販のベビーフードについて作成した『ベビーフード指針』では、ナトリウム含量は、200mg/100g以下であることと定められています(離乳完了期を対象発育時期とするものは別の定めあり...

≫続きを読む

消費期限切れの鮭の切り身は捨てるべき?

買っていた鮭の切り身をすっかり忘れていて、消費期限切れとなってしまった場合。消費期限は多少余裕をもって設けられた期限なので、しっかりと冷蔵・冷凍保存していた場合、1日過ぎた程度であれば問題なく食べられる可能性は高いのですが、2~3日以上過ぎている場合は気をつける必要があります。まず確認してほしいのは...

≫続きを読む


ホーム