鮭アレルギーの症状や原因は?吐き気や湿疹がでた場合の対処法

鮭アレルギーの症状や原因:吐き気や湿疹がでた場合の対処法

鮭は人によってはアレルギー反応を引き起こす食品であり、酷い場合重篤なアレルギー反応を発症して命に関わることもあります。ここでは鮭アレルギーの症状・原因・対処法についてお話していきます。

 

鮭アレルギーの症状

鮭アレルギーの主な症状は、吐き気、発疹、目の充血、全身や一部の赤みや腫れなどです。また、過去に鮭アレルギーを起こしていて再度発症した場合には、アナフィラキシーショックを起こし、激しい咳や気管閉塞による呼吸不全といった命に関わる症状が出る場合もあります。

 

鮭アレルギーの原因物質

鮭アレルギーを起こす原因は、鮭の身に含まれるパルブアルブミンとイノリンと呼ばれる物質です。これらの成分は、鮭にだけ含まれる物ではなく、様々な種類の魚に含まれる為、鮭でアレルギーを起こしたのなら、他の魚でも同様となる可能性があります。(魚介全般のアレルギーの可能性があります。)

 

症状が出た時の対処法

アレルギー反応が出て収まりがつかない場合には、出来るだけ早く医療機関に受診するようにしましょう。おそらくアレルギー反応を抑える抗ヒスタミン剤やステロイド剤といった内服薬が処方されるかと思います。

 

またアナフィラキシーショックを起こした場合には、アレルギー反応を急速に抑えるエピペン注射が応急処置として行われることが多いです。


ホーム