大トロ・中トロ・赤身の違いは?脂の量?

大トロ・中トロ・赤身の違いは?脂の量?

同じマグロでも、お寿司屋でおなじみの呼び名「大トロ」「中トロ」「赤身」といった言葉がありますね。

 

これって、いったい何が違うのでしょうか?栄養価?部位?味?

 

お肉でもバラ、ムネ、モモといった具合でスーパーに並んでいますよね。

 

今回はマグロの部位についてお話したいと思います。

 

トロとは?

「トロ」は、お寿司でよく使われるネタの呼称で、マグロの特定の部位をさして使い分けています。とくに脂質が多い腹部の身を指します。

 

部位の違いとは?

脂質の含量は、部位によって異なります。

 

呼称は「赤身」→「中トロ」→「大トロ」と変化し、大トロが一番高価になります。

 

そして脂が一番のり、牛肉の霜降りのようにみえるところが「大トロ」、それよりややのりの少ないものを「中トロ」、それ以外が「赤身」と呼ばれています。

 

また、一般的に「大トロ」は腹部前部、「中トロ」は腹部後部にあたります。

 

トロには

 

  • 脳を活性化させるDHA
  • 血液をサラサラにするEPA
  • 感染症予防や目の健康を保つビタミンA
  • カルシウムとリンの吸収を助けるビタミンD
  • 強い抗酸化力をもつビタミンE

 

などが赤身より多く含まれます。栄養価の面でも高級ということですね。

 

しかしトロは脂質が多い分カロリーは赤身の三倍になりますので、ダイエット中の方は食べ過ぎにご注意くださいね。

関連ページ

マグロの種類と見分け方、味の違いなど
スーパーの美味しいマグロの刺身の選び方は?色で鮮度を見分けよう
マグロの初競りについて。なぜ高値で落札されるのか
マグロの部位の名称とそれぞれの味・食感などの特徴
マグロの養殖が難しいといわれる理由
養殖マグロに使用される餌について
マグロ丸ごとの値段はいくら?どこで販売してるの?
マグロの刺身の値段相場について
種類によって違う?マグロの旬の時期・季節はいつ?
マグロの「ネギトロ」と「たたき」の違いって?
マグロの漁獲量が多い都道府県は?日本一はどこ?
江戸時代では下魚!日本人のマグロの食の歴史
マグロとカジキの違いは?味の違いは?
マグロの中落ちとは?食べ方は?
マグロの頭は食べられる!値段や美味しい食べ方について
マグロの目玉は食べられる!?食べ方は?どんな味?
刺身以外のマグロの美味しい食べ方
唐揚げや煮物に!マグロの黒い部分「血合い」の美味しい食べ方
マグロ料理に合うお酒は?
酒のつまみにおすすめなマグロ料理をご紹介
マグロのたたきの美味しい食べ方
マグロの刺身に合う薬味・調味料は?
マグロの皮で料理ができる!?知られざる皮の食べ方について
アカマンボウがマグロの代用魚(代替魚)にされることがあるってホント?
ネギトロなしでもネギトロ?ネギトロの歴史・素材・語源など
マグロのカマってどこの部位?美味しい食べ方は?
大トロの値段は一貫どれくらい?

ホーム