ネギトロなしでもネギトロ?ネギトロの歴史・素材・語源など

ネギトロなしでもネギトロ?ネギトロの歴史・素材・語源など

マグロ料理の中で、巻き寿司や丼に使用されて人気が高いものがネギトロです。しかし、実は本来のネギトロにはネギも入っていないし、トロも使われていません。それがだんだんと変遷していき、現在のネギトロになっていきました。

 

ネギトロの歴史と語源、素材

ネギトロの歴史は意外に浅く、世間に登場したのは戦後の1964年頃です。

 

ネギトロの素材にはマグロの中落ち部分が主に使用されます。

 

そして、中落ちの調理過程で、骨の部分からマグロの身をスプーンなどを使ってこそぎとる行為のことを「ねぎ取る」といいます。

 

これがネギトロという名称の語源となっています。ちなみに、中落ちの部分の身は脂分のあまりない赤身となっています。

 

ネギトロの変遷

こういったネギトロの由来を見ればわかりますが、本来のネギトロには野菜のネギも入っていないし、トロも使用されていません。

 

しかし、ネギトロが世間に広まっていくにつれて、徐々にその言葉の響きに合わせて、ネギトロ自体が変化していきました。

 

つまり、ネギがマグロと一緒に使用されるようになり、中落ちだけでなく、トロの部分も使われるようになってきました。

 

このように、ネギトロの語源や由来について、意外に世間では知られていない事実があります。

 

ですから、たまにはネギもトロも使用されていない、本当のネギトロを味わってみるのも趣深いグルメ体験となるでしょう。

関連ページ

マグロの種類と見分け方、味の違いなど
スーパーの美味しいマグロの刺身の選び方は?色で鮮度を見分けよう
マグロの初競りについて。なぜ高値で落札されるのか
マグロの部位の名称とそれぞれの味・食感などの特徴
マグロの養殖が難しいといわれる理由
養殖マグロに使用される餌について
マグロ丸ごとの値段はいくら?どこで販売してるの?
マグロの刺身の値段相場について
種類によって違う?マグロの旬の時期・季節はいつ?
マグロの「ネギトロ」と「たたき」の違いって?
マグロの漁獲量が多い都道府県は?日本一はどこ?
江戸時代では下魚!日本人のマグロの食の歴史
マグロとカジキの違いは?味の違いは?
マグロの中落ちとは?食べ方は?
マグロの頭は食べられる!値段や美味しい食べ方について
マグロの目玉は食べられる!?食べ方は?どんな味?
刺身以外のマグロの美味しい食べ方
唐揚げや煮物に!マグロの黒い部分「血合い」の美味しい食べ方
マグロ料理に合うお酒は?
酒のつまみにおすすめなマグロ料理をご紹介
マグロのたたきの美味しい食べ方
マグロの刺身に合う薬味・調味料は?
マグロの皮で料理ができる!?知られざる皮の食べ方について
アカマンボウがマグロの代用魚(代替魚)にされることがあるってホント?
マグロのカマってどこの部位?美味しい食べ方は?
大トロの値段は一貫どれくらい?
大トロ・中トロ・赤身の違いは?脂の量?

ホーム