スーパーの美味しいマグロの刺身の選び方は?色で鮮度を見分けよう

スーパーの美味しいマグロの刺身の選び方は?色で鮮度を見分けよう

皆さんはスーパーで買ったマグロのお刺身があまり美味しくなかったという経験はありませんか?そうなると折角の食事も台無しですよね。

 

今回はそういった失敗を防げるよう、スーパーで美味しいお刺身を簡単に見分けるポイントをご紹介したいと思います。

 

美味しさの見分け方のポイントは色

美味しいマグロのお刺身とは何よりも新鮮であることが大切です。では新鮮さを見極めるポイントとは一体何でしょうか?

 

それはマグロの「色」です。

 

新鮮なマグロは赤味であれば鮮やかな赤色をしていて、トロであればくすみのない綺麗なピンク色をしています。

 

鮮度の落ちたマグロは黒っぽく変色しています。

 

また、マグロの下に赤い液体が滲んでいるものがあります。この赤い液体はドリップと呼ばれていてマグロのうまみが外に流れ出てしまったものなのです。うまみ成分が出てしまったマグロは美味しくないのでこういったドリップが出ているものも避けて下さい。

 

もう一つのポイント

マグロのもうひとつ大切なポイントが「すじ目」です。

 

このすじ目の入り方が悪いものは食感が悪く、すじが口の中にいつまでも残ってしまいます。

 

ベストなすじ目は筋の間隔が広く水平、もしくはやや斜めに薄く入っているものです。逆にすじが太かったり間隔が狭すぎたり広すぎるものや、V字や半円のように見えるものはマグロの中でもすじが目立つ部位になります。

 

注意!こんな落とし穴も

冷凍するとうまみが損なわれるなど生のマグロの方が美味しいというイメージを持っている方は多いのではないでしょうか。

 

しかしマグロは鮮度が落ちるスピードが非常に速いため、場合によっては生よりも冷凍の方が鮮度が保たれていて美味しいという場合もあります。

 

生のマグロも色をよく見て、黒っぽく変色していたら避けましょう。

 

また、鮮やかな赤色をしていて一見新鮮に見えるマグロの中にも着色料を使用することで新鮮さを装っている場合があります。

 

この場合見分けが難しいかもしれせんが新鮮なものにはみずみずしい透明感があり、着色されているものは透明感がなく作り物のような印象があるのでよく見ると違いが分かるはずです。

 

そしてたまにマグロの身に赤い斑点のようなシミや赤い線のようなものが入っていることがあります。

 

これはマグロの内出血もしくは血抜きが不十分な際にできるシミで、生臭い味がします。こちらも注意して下さい。

 

 

いかがでしたでしょうか。以上が美味しいマグロのお刺身を選ぶポイントになります。これらのポイントを押さえればきっと美味しいマグロを食卓に並べられるはずです。スーパーでマグロを購入される際は是非参考にしてみてください。

 

関連ページ

マグロの種類と見分け方、味の違いなど
マグロの初競りについて。なぜ高値で落札されるのか
マグロの部位の名称とそれぞれの味・食感などの特徴
マグロの養殖が難しいといわれる理由
養殖マグロに使用される餌について
マグロ丸ごとの値段はいくら?どこで販売してるの?
マグロの刺身の値段相場について
種類によって違う?マグロの旬の時期・季節はいつ?
マグロの「ネギトロ」と「たたき」の違いって?
マグロの漁獲量が多い都道府県は?日本一はどこ?
江戸時代では下魚!日本人のマグロの食の歴史
マグロとカジキの違いは?味の違いは?
マグロの中落ちとは?食べ方は?
マグロの頭は食べられる!値段や美味しい食べ方について
マグロの目玉は食べられる!?食べ方は?どんな味?
刺身以外のマグロの美味しい食べ方
唐揚げや煮物に!マグロの黒い部分「血合い」の美味しい食べ方
マグロ料理に合うお酒は?
酒のつまみにおすすめなマグロ料理をご紹介
マグロのたたきの美味しい食べ方
マグロの刺身に合う薬味・調味料は?
マグロの皮で料理ができる!?知られざる皮の食べ方について
アカマンボウがマグロの代用魚(代替魚)にされることがあるってホント?
ネギトロなしでもネギトロ?ネギトロの歴史・素材・語源など
マグロのカマってどこの部位?美味しい食べ方は?
大トロの値段は一貫どれくらい?
大トロ・中トロ・赤身の違いは?脂の量?

ホーム