鰯(イワシ)の選び方・食べ方

イワシの食文化の歴史

イワシは日本で非常に古くから食されている大変馴染み深い食材ですイワシは日本近海に多数生息しているため、日本人が漁獲を始めたのとほぼ同時に、イワシの食文化も始まったと考えられます。イワシに関する記述が確認できる書物で、最も古いものに源氏物語があります。源氏物語によると、平安時代のイワシは庶民の食べ物で...

≫続きを読む

イワシの美味しい食べ方:おすすめ5選

イワシは幅広い調理方法に適している非常に使い勝手の良い食材です。生でも焼いても煮ても美味しく食べられます。ここでは特におすすめな5つの食べ方をご紹介します。1.イワシの生姜煮イワシを生姜のきいた和風つゆで煮た料理です。長時間煮込む必要も無いため、短時間でできます。またイワシ特有の臭みも生姜で気になら...

≫続きを読む

イワシの選び方:鮮度を見分けよう

イワシは鮮度によって味や風味が大きく変化する魚です。当然ながら鮮度が良いほど美味しいです。ここではより鮮度が良い美味しいイワシを見分けるポイントをご紹介したいと思います。体型を見る体型を見て、体が筒状で丸みと厚みのあるものを選びましょう。頭が小さいものは脂がのっている証拠です。目を見るもっとも分かり...

≫続きを読む

イワシの種類について:見分け方や味の違い

「イワシ」というのはニシン目ニシン亜目に属している魚の総称で、ここに属する魚は100種を越えます。ただ日本でただ「イワシ」といえば、主に食用とされているマイワシ/ウルメイワシ/カタクチイワシの3種のことを指し、ここでもこの3種についてそれぞれの特徴をご紹介します。見た目だけでなく味や食感にも違いがあ...

≫続きを読む

イワシの種類ごとの旬の時期は?:脂のりが大事

食用イワシとして主要なのはマイワシ、カタクチイワシ、ウルメイワシの3種です。これらのイワシはそれぞれ旬が異なります。旬の時期によって身の引き締まりや脂ののりが違うため、より美味しいイワシを味わう為には、それぞれの旬を知っておくといいでしょう。マイワシの旬の時期マイワシは5~10月の春から秋にかけてが...

≫続きを読む

いわしの目刺しの美味しい食べ方

「目刺し」といえば、ご飯のおかずや日本酒のおつまみとしても、大変人気の食品です。「上乾うるめいわし」とも呼ばれているいわしの目刺しですが、ここではより美味しく食べる方法をご紹介します。焼いて食べる場合いわしの目刺しは焼いて食べるのが最も一般的で、失敗がないですね。注意すべき点は焼きすぎくらいです。表...

≫続きを読む

イワシの内蔵(肝)って食べられるの?食べ方は?

内臓ごと食べられる魚は限られています。内臓というのは傷みやすく、雑菌も発生しやすいので、大抵の魚の内臓は廃棄すべきです。しかしサンマやイワシのような、オキアミやプランクトンといった小型のエビや微生物を餌としており、なおかつ胃腸があまり発達しておらず、糞などが体内にたまらないような魚の場合、内蔵ごと食...

≫続きを読む

イワシの刺身の美味しい食べ方

イワシは刺身で食べても美味しい魚です。弾力があり歯ごたえがあります。ただイワシは小骨が多いので、食感を邪魔しないようにそれをしっかり処理することも大切です。色々な薬味で食べるイワシは意外と脂が多く、香りも強いため、薬味と一緒に食べると食べやすくなります。定番のワサビやショウガ以外にもネギ、ゴマ、一味...

≫続きを読む

イワシの卵や白子って食べられる?食べ方は?

イワシはさまざまな調理法で美味しく食べられる魚です。食べられないところがほぼない魚で産卵時期の冬~春にかけて手に入るイワシの卵や白子も美味しく食べられます。ただ内臓系は悪くなるのも早いので、食べるのなら新鮮なイワシの卵と白子に限ります。イワシの卵は取り出して煮て食べることで、中まで味が染み渡り美味し...

≫続きを読む

イワシの味や歯ごたえの特徴は?

イワシの味や歯ごたえの特徴について解説しています。イワシの味イワシは青魚ですので、青魚らしいの豊富な脂分と強い香りが特徴的といえます。特に初夏から秋にかけてのイワシは脂が良く乗っているため、味も濃厚になります。イワシは比較的臭いの強い魚ですが、刺身ならばしょうがやわさび醤油、ネギなどの薬味と一緒に食...

≫続きを読む

イワシの漁業方法は?

漁業方法は大きく分けて、沿岸漁業、沖合漁業、遠洋漁業に分かれ、この中でイワシの漁獲に採用される方法は沿岸漁業と沖合漁業です。◆沿岸漁業とは沿岸漁業は日帰りで、港から近い場所で行われます。5~10トンクラスの小型の漁船を使用する場合が多いです。◆沖合漁業とは沖合漁業は沿岸漁業よりも若干遠くまで船をすす...

≫続きを読む

イワシの漁獲量が多い都道府県は?日本一はどこ?

イワシは日本全国で漁獲されていますが、都道府県別ではどの県がもっとも漁獲量が多いのでしょうか?ここでは都道府県別のイワシの漁獲量についてご紹介しています。イワシの漁獲量が多い都道府県は?イワシの年間別漁獲量が多い都道府県としては、千葉県、三重県、長崎県などが挙げられます。日本一はこの3県が年ごとに抜...

≫続きを読む

イワシの綺麗な食べ方:食のマナー

イワシの食べ方のマナーで最も苦労するのが、小骨の存在です。一旦、口に運んでから小骨を口から出すのはマナー的にも美しいとは言えません。小骨が気になる場合、身をほぐし、キレイに小骨を取り除きながら食べると良いでしょう。手順としては上身を食べて骨を露出させる。露出した骨を綺麗に取り除く。下身を食べる。この...

≫続きを読む

イワシは一尾何グラム?

最もメジャーなマイワシは大きなものでも100g程度、小さめのもので90g程度です。100gが217カロリーのようですので、1尾のカロリーとほとんど同じで計算がしやすいと思います。ちなみに、一回り小さいうるめイワシの場合は一尾で平均10g程度です。イワシの100gあたりのカロリーについてイワシは小さい...

≫続きを読む

イワシは養殖されてるの?

現在イワシの養殖はわずかながらおこなわれています。しかしまだ研究段階でしかないため、量産は実現できておらず安定的な供給が不可欠な産業レベルに達していません。イワシの養殖が難しいのは、端的に餌であるプランクトンの確保が難しいことが理由です。プランクトンを確保すること自体は可能なのですが、それにかかるコ...

≫続きを読む

シラスって主にカタクチイワシの稚魚って知ってた?

シラスはご飯にかけたり、パスタ、サラダのアクセントにも活用される便利な食材です。このシラス、実はイワシの稚魚である場合がほとんどです。曖昧な言い方なのは、シラスというのは様々な魚の稚魚の総称であり、特に特定の魚種を指す呼び名ではないからです。ただ出回っているシラスのほとんどはイワシ、中でもカタクチイ...

≫続きを読む

スーパーのイワシの値段相場:一匹どれくらい?

スーパーでのイワシの値段相場は季節や地域によって多少変動しますが、現在では80~200円くらいが大体の相場になっています。やはり昔から庶民の味方として親しまれているだけあり、他の魚と比べてもリーズナブルな価格になっていますね。ただそれでもイワシの値段は昔に比べて、若干高くなっているのですよ。漁獲量が...

≫続きを読む

節分いわしの由来は?

日本で節分の日にはイワシを食べる風習がありますね。節分にイワシを食べることは柊鰯(ひいらぎいわし)、西日本では焼嗅(やいかがし)とも言います。節分いわしの由来節分にイワシを食べるようになった由来は、昔イワシには魔除けの効果があると考えられていたからです。イワシは脂が多い魚のため、焼くと煙がたくさんで...

≫続きを読む


ホーム