節分いわしの由来は?

節分いわしの由来は?

日本で節分の日にはイワシを食べる風習がありますね。

 

節分にイワシを食べることは柊鰯(ひいらぎいわし)、西日本では焼嗅(やいかがし)とも言います。

 

節分いわしの由来

節分にイワシを食べるようになった由来は、昔イワシには魔除けの効果があると考えられていたからです。

 

イワシは脂が多い魚のため、焼くと煙がたくさんでて強い臭いを放ちますよね。

 

この煙と臭いが魔(邪気)を払ってくれると考えられ、節分にイワシを食べるようになったのです。

 

現代的な意味合い

また現代的な解釈ですと、イワシにはDHA/EPA、カルシウムなどの栄養素が豊富なので、節分に食べることでその年の健康を願うという意味合いもありますね。

 

節分のイワシの食べ方

イワシの煙に魔除け効果があると考えられたことが節分にイワシを食べる由来です。

 

なので風習の意に沿えば、節分にイワシを食べる場合は刺身や煮物、汁物など煙がでない調理法は適していません。

 

煙が出る焼きイワシにして食べるのが節分における正しいイワシの食べ方といえます。


ホーム