シラスって主にカタクチイワシの稚魚って知ってた?

シラスって主にカタクチイワシの稚魚って知ってた?

シラスはご飯にかけたり、パスタ、サラダのアクセントにも活用される便利な食材です。

 

このシラス、実はイワシの稚魚である場合がほとんどです。

 

曖昧な言い方なのは、シラスというのは様々な魚の稚魚の総称であり、特に特定の魚種を指す呼び名ではないからです。

 

ただ出回っているシラスのほとんどはイワシ、中でもカタクチイワシの稚魚なので、シラス=イワシと考えてもらっていいでしょう。

 

カエリとは

シラスとイワシの中間くらいの大きさの時は、「カエリ」と呼ばれます。

 

2cm程度まではシラス、それ以上に成長するとカエリと呼ぶのが一般的です。

 

調理方法で名前が変わる

生シラス、釜揚げシラスといったように、様々な調理法があります。生で食べても、茹でて食べても美味しい魚です。

 

そしてシラスを塩ゆでにして干したものは「ちりめんじゃこ」「しらす干し」などと呼ばれており、

 

その干し具合によって「中干しシラス」、「上干しシラス」など名称が変わります。


ホーム